「はやぶさ」ターゲットマーカー落下

着陸場所の目印となるターゲットマーカーを落下させ、着陸態勢に入る「はやぶさ」の想像図
出典: JAXAデジタルアーカイブス、© 池下章裕, MEF, ISAS/JAXA. all rights reserved.

小惑星に行き、そのサンプルを地球に持ち帰る…日本が行った壮大な探査が、「はやぶさ」(MUSES-C: ミューゼス・シー)です。
2003年5月に打ち上げられ、2005年9月に小惑星イトカワに到着、サンプル採取を試みた後、いくつものトラブルを乗り越え、2010年6月13日、地球への帰還を果たしました。
小惑星のサンプルを、世界ではじめて、地球にもたらしました。さらに、月より遠い天体を往復した探査機は世界でもはじめてです。数多くの世界初を打ち立てた「はやぶさ」は、社会現象にもなりました。

「はやぶさ」について
「はやぶさ」探査機を知る

はやぶさファン!

そのほか…