月探査情報ステーションとは

月探査情報ステーションは、月・惑星探査の情報を中心として、月の科学、さらには月や月・惑星探査にまつわる様々な情報を皆様にお届けする、「月・惑星探査のポータルサイト」です。

このサイトでは、月を中心として、「科学」という視点を中心に取り上げ、月についてどのようなことがわかり、どのようなことがわかっていないのかを解説しています。

そして、まだわからないことを調べようとする「探査」(ミッション)について、最新情報をいち早くお知らせするほか、その背後にある科学などについて、わかりやすく解説しています。

月について、私たちはどの程度のことを知っているのでしょうか? ここでは、月の不思議や謎、解明された事実などをまとめました。科学だけではなく、雑学などの広い話題も網羅しています。

詳細はこちら
月は、見て楽しむものでもあります。このカテゴリーには、いろいろな楽しみ方ができるよう、クイズや参加型プロジェクト、ギャラリーなどを取り揃えてあります。

詳細はこちら
人間は月に降り立ち、惑星へ探査機を飛ばしてきました。そのチャレンジは今も続いています。ここでは、そういった私たちの外の世界への挑戦をご紹介します。

詳細はこちら

広告

お知らせ

907, 2020

マーズ2020「探査の諸元」を追加

今月打ち上げ予定のアメリカの火星探査機「マーズ2020」(愛称: パーセビアランス)について、新たに探査の諸元についてのページを追加しました。
探査全体、及び探査機(ローバー)の主要な諸元を数値と共にわかりやすく示しています。打ち上げ前にぜひご参照下さい。

507, 2020

中国の火星探査機「天問1号」のページを開設しました

「火星探査 〜赤い星への挑戦〜」内に、今月打ち上げられる予定の3機の火星探査機の一つ、中国の火星探査機「天問1号」のページを開設しました。
現時点ではトピックスへのリンクだけですが、今後情報を追加していく予定です。ただ、この天問1号については公式に公開されている情報が少ないため、打ち上げまでに情報を揃えられるかどうかはわかりません。ご了承のほどお願いいたします。

また、このページ開設に合わせて、ブログ内の天問1号、及び中国の火星探査計画に関しての記事について、全て天問1号のカテゴリーとして合わせることにいたしました。これまでは「火星探査」というカテゴリー、あるいは他のカテゴリーの中に混ざってしまっていた記事もありますが、これからは天問1号のカテゴリーの中でこれまで(これからも)の情報を把握することが可能になります。
月探査情報ステーションではずっと中国の火星探査計画についても情報を追いかけてきましたので、その変遷や最新の情報についてぜひ、ブログの記事もご参照下さい。

307, 2020

火星探査機「アル・アマル」、探査の諸元のページを公開

火星探査機「アル・アマル」について、探査の諸元のページをオープンしました。ミッション自体、及び探査機の諸元について、簡潔にわかりやすくまとめてあります。アル・アマルを知る際にぜひご活用ください。

107, 2020

火星探査「アル・アマル」のページに「探査の概要」を追加しました

いよいよ火星探査機の打ち上げが相次ぐ7月となりました。
月探査情報ステーションでも、火星探査関連コンテンツの強化を(遅くなりましたが)進めてまいります。
その一環として、この15日に打ち上げ予定となっているアラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「アル・アマル」のコーナーに、「探査の概要」のページを追加しました。アル・アマルがどのような探査を行うのかについてざっくりと知ることが可能です。

なお、アル・アマルのトップページについても、写真の追加や細かい部分のアップデートなど、随時更新を行っています。

1806, 2020

#はやぶさ帰還10周年 イベントにご参加いただきありがとうございました

6月13日にオンラインで開催された #はやぶさ帰還10周年 関連のイベント、多くの皆様のご参加をいただき、ありがとうございました。イベント実施者の一人としてあつく御礼を申し上げます。

なお、当日の模様はアーカイブとしてYouTubeにてご覧いただけます。以下にそれぞれのイベントの模様を掲載しましたので、当日ご覧いただけなかった方、また「もう一度みたい!」という方、ぜひご覧下さい。
「はやぶさ」帰還10周年 はやぶさメンバーによるリレートーク

はまぎんこども宇宙科学館 はまぎん キッズ・サイエンス トークイベント
第0回 的川泰宣館長講演 『世界の最前線へ 〜「はやぶさ」と「はやぶさ2」〜』

 
「はやぶさ」帰還10周年 はやぶさメンバーによるリレートーク (夜の部)

 

 

イベントについて (月探査情報ステーションブログ)

【更新あり】 #はやぶさ帰還10周年 でオンラインイベント開催


はやぶさ (月探査情報ステーション)

はやぶさ


はやぶさ2 (月探査情報ステーション)

はやぶさ2

1306, 2020

【更新あり】 #はやぶさ帰還10周年 でオンラインイベント開催

10年前(2010年)の6月13日、小惑星探査機「はやぶさ」が地球への帰還を果たしました。帰還の際に燃え尽きた本体が放った明るい光は、多くの人の涙と感動を呼び、はやぶさ、そして月・惑星探査が広く社会に知られるきっかけとなりました。

あれから10年、早いものですが、その後継機「はやぶさ2」がいま、同じように地球への帰還の旅路に就いています。
そのような中、はやぶさ帰還10週年を祝い、振り返るとともに、将来につなげようということで、オンラインイベントがいくつか開催されます。
オンラインということで、場所を超えて皆様もご参加いただけるかと思います。ぜひ1人でも多くの皆様にご参加いただき、思いを新たにしていただき、日本の月・惑星探査を引き続き支えていただければと思います。
なお、いくつかのイベントには編集長(寺薗)も参加します。ご期待下さい。

1. 「はやぶさ」地球帰還10周年記念: はやぶさメンバーによるリレートーク
はやぶさ2チーム主催によるリレートークです。はやぶさプロジェクトチームのメンバーが参加し、当時の状況を振り返り、語り合うイベントです。YouTubeにて配信されます。

■日時 6月13日(土) 午後1時30分〜午後3時
■主催 「はやぶさ2」プロジェクトチーム
■出演者(予定)

川口 淳一郎 【プロジェクトマネジャー】
藤原 顕   【プロジェクトサイエンティスト】
𡈽山 明   【サンプル初期分析チーム】 (現在: 立命館大学、広州地球化学研究所教授)
橋本 樹明  【航法誘導制御担当】 (現在: JAXA SLS搭載超小型探査機プロジェクトチーム長)
廣井 孝弘  【NIRSチーム】 (現在: ブラウン大学 地球環境惑星科学科上級研究員)
道上 達広  【AMICAチーム】 (現在: 近畿大学教授、はやぶさ2ONCカメラチーム)
寺薗 淳也  【カメラ・広報/JAXA広報部】 (現在: 会津大学/月探査情報ステーション)
阿部 新助  【NIRS, LIDARチーム, カプセル回収隊(地上光学班)】
(現在: 日本大学准教授、はやぶさ2LIDARチーム)
細田 聡史  【イオンエンジン担当】 (現在: JAXA はやぶさ2イオンエンジン担当)
吉川 真   【軌道決定・プロジェクトサイエンティスト(後半)】
(現在:JAXA はやぶさ2ミッションマネージャ)
ほか
※【 】内は「はやぶさ」プロジェクトでの担当、順不同

■プログラム

自由トーク
アンケート結果の発表
「はやぶさ」「はやぶさ2」メンバーに、宇宙への興味を持つことに影響したアニメ・本・映画・事柄についてアンケートをしました。その結果の発表です。
質問コーナー
オンラインで質問を随時受け付けます。Twitterで「#はやぶさ地球帰還」というハッシュタグをつけてツイートして下さい。

■協力・中継実施 星空公団


2. はまぎんこども宇宙科学館 はまぎんキッズ・サイエンス YouTubeトークイベント
第0回 「世界の最前線へ~「はやぶさ」と「はやぶさ2」~」
横浜市のはまぎんこども宇宙科学館がお送りするオンラインイベントです。全8回構成のYouTubeトークイベントの第0回、つまり最初のさらにまた最初という企画です。そして登場するのは、日本の宇宙開発、月・惑星探査の広報に長年力を尽くしてきた、宇宙科学研究所名誉教授ではまぎんこども宇宙科学館館長、的川泰宣先生です。
ミッションのスタート(発想のとき)から打ち上げ、帰還、そして「はやぶさ2」へ。世界初の小惑星からのサンプルリターンがどのように進められ、バトンが渡されていったのか、わかりやすく解説します。

日時 6月13日(土) 午後3時30分〜午後4時30分

なお、はまぎんこども宇宙科学館では、このあともおおむね1〜2週間に1回の間隔で、「はやぶさ2」メンバーによるトークをお届けします。詳細は上記のページをご参照下さい。
3. 小天体探査フォーラム(MEF)20周年記念オンラインシンポジウム
「探査を市民の手で作ろう」、このような趣旨で始まった小天体探査フォーラム(MEF)は、この5月25日に満20週年を迎えました。
はやぶさ帰還10周年のこの日に、MEF20年の歩みを振り返るとともに、市民参加型の惑星探査という、世界でも珍しい活動のこれまでとこれからについて話し合います。
なお、ご参加いただけるのは、MEFのメンバー限定(ただし、退会した方も含みます)です。

日時 6月13日(土) 午後6時30分〜午後8時30分
招待参加者 先着100名
参加方法 Zoomによる参加

■プログラム

開会あいさつ  阿部新助 (MEF代表)
第一部 MEF20年の歩みを振り返る
歴代代表によるショートプレゼンテーションリレー (25分)
司会: 鳥嶋真也
第二部 MEFがもたらしたもの
多彩な分野の会員の目を通した、MEFが果たした社会的役割 (45分)
司会:  永山悦子
第三部 パネルディスカッション~市民参加型探査の将来~ (40分)
モデレータ:  松浦晋也
閉会あいさつ: 井本昭 (事務局長) […]

協賛企業

渡辺教具製作所
ウイルネット
リポビタンD

提携企業・団体

TeNQ