moonstation

About 寺薗淳也

This author has not yet filled in any details.
So far 寺薗淳也 has created 1308 blog entries.

オサイレス・レックス (オシリス・レックス) – 探査の概要

■「アメリカ版はやぶさ」とも称される、小惑星サンプルリターン計画
小惑星イトカワからのサンプル回収という、世界初の快挙を成し遂げた日本の探査機「はやぶさ」。その「はやぶさ」のように、小惑星へ無人探査機を飛行させ、サンプルを回収させて帰る、という計画が、このオサイレス・レックス(オシリス・レックス)です。
目的とする小惑星は「ベンヌ」と名付けられています(仮符号1999 RQ36)。この小惑星は、イトカワと同様、地球の軌道に似た軌道を回る小惑星(地球近傍小惑星)です。また重要な特徴として、この小惑星は炭素に富むことがわかっています。これは、この小惑星に揮発性物質、とりわけ水や有機物などが豊富に存在する可能性を示唆しています。
小惑星は、太陽系が誕生した頃の物質を現在まで残していると考えられていますが、水や有機物などが存在しているということは、熱による変成を受けていない、非常に古い物質をみつけることができる可能性があります。
このような小惑星からサンプルを持ち帰ることができれば、小惑星そのものへの理解だけでなく、我々の太陽系の誕生、そして進化についての極めて重要な情報を提供してくれるでしょう。
なお、偶然ではありますが、日本が2014年12月に打ち上げた「はやぶさ2」の目的地の小惑星、リュウグウ(1999 JU3)も、表面に水を含む鉱物の存在が指摘されており、似たようなターゲットを狙うことになります。

■各種の観測機器も搭載し、将来の有人小惑星探査も見据えた探査計画
オサイレス・レックスの中でいちばんメインとなる観測装置は、なんといってもサンプル回収装置です。こちらは、「はやぶさ」のような弾丸を発射するタイプとは異なり、窒素ガスを噴射し、表面の砂を巻き上げてアームの先端でキャッチするという形をとります。これは、アメリカがかつて彗星からのサンプル回収に成功した「スターダスト」探査機の設計を受け継いだものとなっています。
そのほか、オサイレス・レックスには、レーザー高度計やカメラ、スペクトロメーターなどの装置を搭載し、離れた場所から小惑星を観測することになっています。約500日という非常に長い観測期間を活かし、目的の小惑星をじっくりと調べ、サンプルの分析や地上からの観測とも合わせて、この小惑星を総合的に理解しようという戦略です。
このように小惑星をじっくりと調べるということは、もちろん上で述べたように小惑星を通した太陽系の理解という科学的な側面も重要ですが、そのほかにもいくつか重要な目的があります。
1つは、地球に近づく小惑星の脅威を見極めるという目的です。こういった小惑星が地球に衝突すれば、世界規模での大災害になることは間違いありません。特に、このベンヌは過去地球に何度も近づいたことがあり、また接近する予測が出されたことがあります。こういった小惑星衝突の脅威を取り除くためには、そのような小惑星の構造や性質などをよく知っておくことが重要です。
もう1つは、将来的な有人小惑星探査への布石です。2011年、アメリカのオバマ大統領は、それまでのアメリカの宇宙探査政策を変更し、究極の目標としての有人火星探査は変更しないものの、それまでの有人月探査に替えて、有人小惑星探査を第1の目標に変更しました。NASAが立案した有人小惑星探査を含む一大宇宙戦略「小惑星イニシアチブ」では、オサイレス・レックスはその前哨戦として位置づけられていました。残念ながらこの計画はトランプ政権で事実上中止されましたが、オサイレス・レックス自体の重要性はいささかも変わるものではありません。
例えば、小惑星は将来的には資源利用が可能になるとも考えられており、どのような資源が存在し、どのような形で分布しているかを調べることは重要です。オサイレス・レックスの観測成果はそのような知識にも貢献すると期待されています。

■2016年打ち上げ、2023年帰還予定
オサイレス・レックスの計画は、2年早く打ち上げられた日本の「はやぶさ2」ともよく似ています。
2016年9月9日(日本時間)に打ち上げられたオサイレス・レックスは、2019年9月22日の地球スイングバイを経て、2019年12月3日に目的の小惑星ベンヌに到着することになっています。ここでこの小惑星に約500日という長期にわたって滞在し、サンプル最終及び小惑星全体の撮影、観測を実施することになります。なお、取得するサンプルは最低でも60グラムほど、多ければ2キログラムほどという大量の回収を予定しています。
2021年早期に小惑星を離脱、地球に帰還するのは2023年9月を予定しています。このとき、カプセルはアメリカ・ユタ州の砂漠に到着することになっています(これも、スターダスト計画と同様です)。その後、カプセルはアメリカ・テキサス州のジョンソン宇宙センターに移送され、保管、分析などが実施されることになります。

なお、このオサイレス・レックスという名前は、「小惑星の起源・スペクトルの解釈・資源同定・安全・レゴリス探査機」という英語(Origin, Spectral Interpretation, Resource Identification, Security, Regolith Explorer)の略称となっています。
このオサイレス・レックスは、計画自体は2000年代中頃から提案されており、一時期は「はやぶさ2」よりも早く実施されるのではないかともみられていましたが、最終的には現在のスケジュールに落ち着いています。
本計画は、NASAの遠方天体の探査シリーズであるニューフロンティア計画の3番目のミッションです。なお、いちばん最初はニューホライズンズ、2つめはジュノーです。


アメリカの小惑星探査機オサイレス・レックス(オシリス・レックス)、目的地の小惑星到着は12月3日

「アメリカ版はやぶさ」とも呼ばれ、「はやぶさ」や「はやぶさ2」と同様、小惑星からのサンプルリターンを目指しているアメリカの小惑星探査機「オサイレス・レックス」(オシリス・レックス)について、チームは22日、登録された会員向けに発せられたメール内で、目的地の小惑星「ベンヌ」への到着が12月3日になると発表しました。
これに先立ち、小惑星接近フェーズ運用が8月17日から開始されると発表しました。この「小惑星接近フェーズ運用」とは、目的地の小惑星の姿を捉えながら、そこへ近づいていく一連の探査機の運用を指します。

ベンヌ上空を飛行するオサイレス・レックス(オサイレス・レックス)探査機

目的地の小惑星ベンヌ上空を飛行するオサイレス・レックス(オサイレス・レックス)探査機の想像図 (Photo: NASA/ASU)

オサイレス・レックスは、小惑星からのサンプルリターンを目指す探査機で、2016年9月に打ち上げられました。
これまた「はやぶさ」や「はやぶさ2」と同様、地球のそばを通り抜けて加速する地球スイングバイを2017年9月に実施、目的とする小惑星への旅を順調に進めています。なお、ベンヌはイトカワやリュウグウと同じ、地球近傍小惑星というグループに属する小惑星(地球の公転軌道に近い軌道を回る小惑星)で、大きさは560メートルくらいと推定されています。名前はエジプト神話の不死鳥からとられています。

オサイレス・レックスは、現地到着後約2年間にわたって小惑星の観測及びサンプルリターンを実施し、2021年の早い時期に小惑星を出発、2023年中頃(おそらく9月くらい)に地球への帰還を果たす予定です。ですので、今年末から来年にかけては、日本とアメリカの小惑星探査機が同時に(別の小惑星ですが)サンプル採集にチャレンジする予定です。

こういうとまるで「アメリカが日本を真似た」と思われるかもしれませんが、小惑星のサンプルを持ち帰る重要さはアメリカであろうと日本であろうと変わるものではなく、互いに競い合いながらも協力し合いながら探査を進めています。事実、「はやぶさ2」チームと「オサイレス・レックス」のチームは協力関係にあり、探査そのものはもちろんのこと、広報活動など幅広い分野でも一緒に取り組んでいます。

小天体探査という面でいえば、12月のオサイレス・レックス小惑星到着に続いて、1月(1月1日!)にはニューホライズンズが世界初となるカイパーベルト天体への接近探査を実施します。「はやぶさ2」だけではなく、世界の小惑星・小天体探査にも注目し続けたいものです。

2018年5月23日(水)|Categories: オサイレス・レックス|

「はやぶさ2」のスタートラッカー、目的地リュウグウを捉える

小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載されている装置「スタートラッカー」(どのようなものなのかは後述)が、目的地である小惑星リュウグウの姿を捉えました。まだはっきりと形がみえるほどの大きさではないですが、点よりは少し大きい大きさになっています。

「はやぶさ2」スタートラッカーが撮影したリュウグウ(注釈付き)

「はやぶさ2」搭載のスタートラッカーが撮影したリュウグウ(注釈をつけたもの)。
3枚の写真を合成した画像。撮影日時は、5月12日1時ころ、5月13日2時ころ、5月14日1時ころ。
写真中央部、黄色で示された天体がリュウグウ。何回か撮影された画像を重ねているため、画像では動いているようにみえる。水色で示された天体は恒星で、「Psc」とはおうし座の符号。
(© JAXA/京都大学/日本スペースガード協会/ソウル大学)

「はやぶさ2」スタートラッカーがとらえたリュウグウ(アニメーション)

「はやぶさ2」搭載のスタートラッカーが捉えたリュウグウの画像を3枚重ねてアニメーションとして表示したもの。図の中央を右下から左上へと動く天体がリュウグウ。背景の恒星は静止しているとみなせるため画像では動いてない。画像にチラチラと現れる他の白い点はノイズ。
(© JAXA/京都大学/日本スペースガード協会/ソウル大学)

スタートラッカーとは、月・惑星探査機などに一般的に搭載されている装置で、平たくいえば「カメラ」です。
宇宙空間で探査機が自分の位置を知るためには、あらかじめ場所がわかっている恒星をいくつか撮影していくという手法を取ります。そのための、恒星を撮ることに特化したカメラがスタートラッカーです。
カメラですから普通に小惑星を撮影することもできる、というわけで、今回はそのような撮影にチャレンジしました。

「はやぶさ2」からみて、目的地リュウグウは(宇宙的な距離の感覚からすれば)すぐ近くにあります。一方、背後にある恒星は(同じく宇宙的な距離の感覚からすれば)はるか遠くにあります。
私たちが例えば大きなスタジアムの席に座っているとして、すぐ手前を横切る人は大きく動きますが、はるか遠くを移動している人はほとんど動きがみえません。そこで、時間をおいて何枚か写真を撮れば、すぐ近くを動いている人の位置は変わりますが、遠くの人の位置はほぼ変わらないことになります。
今回もこのような方法を使いました。「すぐ近くにいる人」をリュウグウ、「遠くにいる人」を恒星と考えれば、恒星は何枚写真をとってもほぼ動かない一方で、リュウグウは確実に動いていきます。今回は3枚の写真を撮って重ねることで、画像のど真ん中に、確かに移動しているリュウグウを捉えることができています。
このような方法は、未知の小惑星を捉える観測でも使われています。

よくみるとリュウグウの形はもはや1つの点ではなく、2〜3ピクセル程度ではあるにしても大きさを持っていることがわかります。
すでに現時点(5月19日)で、「はやぶさ2」とリュウグウとの距離は4万キロ程度となっています。
私たちが天気予報などで見る雲のデータを撮影している気象衛星や、衛星放送を中継する放送衛星などがある軌道は静止軌道といい、地球表面から約3万6000キロメートルの高さにあります。
「はやぶさ2」はもう、目的地まで本当にそのくらい、手前まで近づいたことになります。

「はやぶさ2」が小惑星に到着するのは、6月22日〜7月5日とされています。もうあと1ヶ月ちょっと。いつ到着するか、そしてそのときにみえるリュウグウの形がどのようなものか、今から楽しみです。

2018年5月19日(土)|Categories: はやぶさ2|

編集長(寺薗)出演のテレビ番組が放送されます

このたび、編集長(寺薗)出演のテレビ番組が放送されることになりましたので、お知らせいたします。
番組は以下の通りです。

  • 番組…コズミックフロント☆NEXT
  • タイトル…「フェイク?真実?検証 宇宙のミステリー
  • 放送チャンネル…NHK BSプレミアム (BS 103チャンネル)
    ※有料放送です。NHKのBS契約を行っていない方はご覧いただけません。
  • 放送時間…2018年5月24日(木) 午後10時〜午後11時
    (再放送: 5月30日 午後11時45分〜5月31日 午前0時35分)
    ※なお、臨時番組などのため、放送時間が変更になる可能性もありますので、ご注意ください。
コズミックフロント☆NEXT タイトル

© NHK

宇宙開発分野では、昔から怪しげな、あるいは真実ではない情報がよく流されてきました。
典型的なものが「アポロ月着陸疑惑」です。アポロが月に着陸した1969年の直後、1970年代にはもう、これらの話が流れていたことがわかっています。
最近になって、こういった「宇宙のフェイクニュース」はますます広まりをみせています。背景にはインターネット(動画サイト)の普及や、ソーシャルネットワークシステム(SNS)などの一般化を通して、誰もがそういう画像・映像を目にする、あるいはその情報を共有する機会が増えてきたことがあります。

今回の「コズミックフロント☆NEXT」では、こういった、いわば「宇宙のフェイクニュース」の謎に迫るだけではなく、それを追いかける人、それを解き明かす人をていねいに取材し、それらの人たちの人間模様をも解き明かしていきます。彼らはなぜ、そのような画像・映像に興味を持ったのか。そういう画像に出会った人たちに対して、どのようにすればフェイクに騙されずに済むのか。そして、圧巻はその「アポロ疑惑」を結果的に「盛り上げる」ことになってしまったあるテレビ番組の作成者への直撃取材。その真実とは…?

いつもの「コズミックフロント☆NEXT」とは少し雰囲気が異なり、天空のミステリーというよりは「人間のミステリー」、そしてそれを追いかける人間たちの不思議を追いかけるという、ちょっとドキュメンタリーのような番組になっています。そしてその探求は日本だけでなく、アメリカやフランスなど世界中へと広がっていきます。
人を魅了してやまないミステリー画像・映像。さあ、皆様も「宇宙のミステリーの謎解き」の世界に出発しましょう。

編集長(寺薗)は謎めいた画像や映像を解き明かす研究者として番組内に登場すると共に、そのような世界に入っていった若い頃…高校生くらいの「意外な出会い」が明らかになります。
ぜひお楽しみに。

※なお、編集長自身、まだ最終的に完成した番組内容を見ておりません。従いまして、現時点では制作会社さんから届いた情報を元にお伝えしております。場合によっては上記の内容と若干異なる可能性がありますことをご了承ください。

2018年5月19日(土)|Categories: お知らせ|

ハクト、月への挑戦をまとめた「最後となる」動画を公開

月探査レース「グーグル・ルナーXプライズ」に日本から挑戦していたチーム「ハクト」(HAKUTO)は、本日(5月3日)、これまでの挑戦をまとめた動画を公開しました。なお、ハクトによると、この動画はハクトが公開する最後の動画となるとのことです。

ハクトは、グーグル・ルナーXプライズに挑戦していましたが、今年(2018年)1月に相乗り予定のチーム・インダスのロケット調達失敗によって打ち上げが困難となりました。さらにレース自体も、最後まで残ったハクトを含む5チームすべてがロケットの調達ができなかったことにより、「優勝者なし」として終了となりました(なお、レースを主催するXプライズ財団では、賞金がない形での新たな月探査レースを検討しているほか、そのレースへのスポンサーも探しているとのことです)。

動画では、ハクトの前身となる「ホワイトレーベルスペース」としての挑戦開始から始まり、開発、パートナー獲得、相乗り予定だったアストロボティックのレースからの離脱、ローバーの命名、最終テスト、インド現地への出発、そして1月の打ち上げ断念の記者会見と続き、今年3月鳥取砂丘で行われた最終試験まで、ハクトのローバー開発の歴史を綴っています。
さらにBGMは、ツイートにもあるように、サカナクションがこのローバーのために特別に作曲した曲「ソラト」(ローバーの名前と同じです)が使われています。

ハクトは、この動画がハクトとして公開される最後の動画となると述べています。
なお、ローバーの開発は今後、ハクトの母体となっている株式会社アイスペース(ispace)に移り、引き続き続けられます。月への打ち上げの機会も引き続き模索されていくことになっています。

月への挑戦は続きます。引き続き皆様、この挑戦へのご支援をお願いいたします。

2018年5月3日(木)|Categories: ハクト|