moonstation

About 寺薗淳也

This author has not yet filled in any details.
So far 寺薗淳也 has created 1261 blog entries.

月探査情報ステーション運営の合同会社は設立1周年を迎えました

月探査情報ステーションの運営を中心として、広く月・惑星探査、さらには宇宙開発についての普及・啓発事業などを実施する合同会社「合同会社ムーン・アンド・プラネッツ」の設立から、11月15日で1周年を迎えました。

この合同会社は、おそらくは日本ではじめてとなる、宇宙開発の広報・アウトリーチを主力事業とする企業です。
言うまでもなくこの合同会社のコア事業はインターネットを通した宇宙開発の広報…すなわち、この月探査情報ステーションです。ですが、19年間の運営で培われたノウハウを元に、より広く宇宙関連のイベントやセミナー事業、さらには調査研究事業なども視野に入れることを目的として、1年間の運営を行ってまいりました。

おかげさまで、月探査情報ステーションの運営は、更新の滞りなどの問題もありつつも全般に順調と判断しております。また、会社の収支についても、初年度は引き継ぎ金が多かったという事情もありますが、赤字を計上することなく順調に推移しています。

新規事業につきましても積極的に展開を行ってきました。その中には、今年9月末に計画していた「裏磐梯スペースナイト」のように不調に終わってしまったものもありますが、イベント自体の引き合いはそれなりに存在しており、また前述の裏磐梯でのイベントについても、時期と方式を再検討して再実施を計画することを検討しております。引き続きこれらの事業の拡大を目指してまいります。

さらに、これまで実施できていなかった各種セミナー事業、調査事業などについても積極的な取り組みを考えていきたいと思います。また、コア事業となる月探査情報ステーションについても、さらなる拡充、価値の最大化を図っていく所存です。

編集長の「個人商店」から具体的な法人への移行という1年間は、慣れない会計や税金納付など、会社経営の大変を知ることになりました。一方で、運営が法人化され、わかりやすくなったことで、企業様からの依頼やお問い合わせも少しずつ増えております。逆に、こちらからの営業活動も今後は強化していければと思います。
また、会社運営を支える人材についても、現在1名のみで動かしている状況の改善を早急に図っていく予定です。

2年目となる来年は月探査情報ステーション20周年という節目の年でもあります。
これまでの20年を振り返り、これからの20年へ飛躍するためにも、しっかりとした事業展開、しっかりとした経営を行っていく所存です。
今後とも合同会社ムーン・アンド・プラネッツ、そして月探査情報ステーション、さらにはその関連事業をご愛顧いただきますよう、どうぞよろしく申し上げます。

 

合同会社ムーン・アンド・プラネッツ 代表
月探査情報ステーション 編集長

寺薗 淳也

2017年11月17日(金)|Categories: お知らせ|

月探査情報ステーションは満19年を迎えました

本日(11月2日)は、月探査情報ステーション、満19周年の日です。
1998年11月2日、当時「セレーネ」(SELENE)と呼ばれていた月探査衛星「かぐや」のプロモーションサイト「インターネットシンポジウム ふたたび月へ」として、この月探査情報ステーションの原型が誕生しました。現名称に変更されたのは2000年11月です。
その間、単なる月探査計画の宣伝だけではなく、月についての科学についての解説や、親しみを持てるようなコンテンツなどを次々に拡充していきました。さらに、2003年からは火星探査、それ以降には惑星探査の解説も加え、いまではこの月・惑星探査分野における日本最大級の情報サイトとしての地位を確立しています。

19年という年月は、そのとき誕生した赤ちゃんが大学に入る、そのくらいの長い年月です。
計画段階であった「かぐや」はその後2007年(10年前)に打ち上げられ、ミッションが終了してもそのデータは科学的な解析に大きく活用されています。そのデータに大きな科学的な意味がまだ隠されていることは、つい最近発表された月の空洞の発見からもお判りかと思います。

この間、運営は宇宙開発事業団・宇宙科学研究所などの4団体合同から個人、さらには昨年からは合同会社へと変わっていきましたが、月探査情報ステーションが掲げるコンセプト、すなわち「最新の月・惑星探査の情報を」「一般の人にもわかりやすく」「科学者の視点から正しく」届けるという考え方は揺るぎなく掲げております。
このような考え方を貫く過程で、書籍『惑星探査入門』や各種メディアへの投稿記事など、いわば本サイトの「スピンオフ」とも呼べるような活動も広まり、ネットだけでなく、テレビや書籍、新聞などを通してより多くの方に月・惑星探査の情報を届けることができるようになりました。

2016年3月にはサイトの大幅リニューアルを実施しました。1年半以上経過した現在においても、コンテンツの移設作業は進行中です。
さらにサーバーを超高速プラットホーム「KUSANAGI」へ換装し、運営を個人から合同会社に移行するなど、新たなステップアップに向けたプロセスを着実に展開できるようになってきています。
リニューアル以降、スマートフォンなどモバイル機器からのアクセスが増加するなど、その効果が着実に現れ始めています。
また、これだけのリニューアルを行えたのは、その元となる資金を確保できたからで、それは本サイトを支えてくださっているパートナー企業の皆様のお力でもあります。この場を借りて、あつくお礼を申し上げます。

そして、来年…2018年、月探査情報ステーションは20周年という節目の年を迎えます。
人間でいえば成人ですが、移り変わりの速いインターネットという世界において、20年間、変わらぬ価値を提供できていることは編集長としても誇りに思っております。
これから先、20年という節目に向けて、月探査情報ステーションが蓄積してきた膨大なコンテンツを活かし、月・惑星探査の過去・現在・未来を振り返り、認識し、展望するような企画ができれば、と考えております。
来年は火星大接近もあり、また「はやぶさ2」と「オサイレス・レックス」(オシリス・レックス)の小惑星到着、月探査の活発化など、この分野での大きな動きが予想されます。
今後共月探査情報ステーションは、変わるべき部分は時代やユーザーの要請に応じて変化しつつ、変わらぬ価値を提供していきながら、皆様に役立つサイトとして末永く続けていくことを目指してまいります。

今後とも、月探査情報ステーションを末永くご愛顧いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

月探査情報ステーション 編集長
合同会社ムーン・アンド・プラネッツ 代表社員(社長)
寺薗 淳也

2017年11月2日(木)|Categories: お知らせ|

2018年10月、福岡・久留米周辺で宇宙関連のイベントを開催して下さる個人・団体を募集します

来年(2018年)10月24日(水)〜26日(金)、福岡県久留米市(久留米シティプラザ)において、第62回宇宙科学技術連合講演会(宇科連)が開催されることが決定しました。
年1回、この時期に開催される宇科連は、日本における宇宙関連の学会としては最大級で、参加者は約1000人を数えます。3日間にわたる会期中、大学・研究所・企業などから参加する研究者・技術者により、最新の成果の発表などが活発に実施されます。

月探査情報ステーションでは、この宇科連の開催に合わせ、過去何回かイベントを実施してきました。このような学会に来訪する研究者に少しだけ長く滞在してもらい、一般の方に宇宙科学、月・惑星探査の最先端の情報をお伝えすると共に、それらを一緒に楽しむような企画を通して、より広く宇宙開発や月・惑星探査に親しんでいただこうというのが、この企画の目的です。

過去、

  • 2007年…札幌において宇科連開催後に、研究者によるトークイベント「宇宙を楽しむ市民シンポジウム」を実施
  • 2010年…静岡において宇科連開催後、浜松にて研究者のトークイベント、クイズなどの企画を実施
  • 2016年…函館において宇科連開催後、札幌にて研究者のトークイベントを実施

などの例があります。

来年の宇科連に隣接する期間においても、このような市民向けイベントを実施したいと考えております。福岡・久留米近隣の個人・団体(科学館やプラネタリウムなど)で、このようなイベント開催に興味があるという方は、以下の内容をお読みの上、ぜひお問い合わせください。

  • 宇宙開発や宇宙科学に関連するイベントであれば種類は問いません。過去の例ではサイエンスカフェのような形態や講演会、トークショーなどがあります。
  • イベントの名称は特に決まりはありません。過去には「宇宙を楽しむ市民シンポジウム」「宇宙セミナー」といった例があります。
  • 日時については、学会が終了した翌日の土曜日(技術者や研究者が帰る日を1日伸ばすことを前提として)を想定しています。すなわち、今回の場合は2018年10月27日(土)となります。翌日の28日(日)も考えられますが、この場合参加する研究者にもう1日追加で滞在していただくことになります。
  • 学会開催地である久留米市内でイベントを開催する場合には、講師謝礼だけが必要となります。それ以外の近隣地で開催する場合には、久留米市と開催地までの交通費および講師謝礼等が必要となります(日曜日の場合にはさらに宿泊費のご負担が必要になる場合もあります)。
  • 基本的には、編集長(寺薗)ともう1名の研究者の参加を想定していますが、過去には編集長1名だけのケースもあります。

なお、2018年は月・惑星探査関係でいろいろなできごとがある年です。簡単に挙げますと、

  • 「はやぶさ2」の小惑星リュウグウ到着(6月予定。10月には探査を実施中)
  • 「オサイレス・レックス」(オシリス・レックス)の小惑星ベンヌ到着(10月頃、あるいは年末)
  • 火星探査機「インサイト」打ち上げ(5月)
  • 火星大接近(7月を中心として前後数ヶ月)
  • 月探査(グーグル・ルナーXプライズ、及びそれに参加する「ハクト」の打ち上げは今年12月28日、ミッションは数日〜数ヶ月続くとみられます。ほかにも中国の嫦娥5号、インドのチャンドラヤーン2の打ち上げなどが予定されています)。

などがあります。こういった最新のトピックスに関連した研究者と共に伺う、あるいは(編集長単独の場合には)こういったトピックスを解説するようなイベントがおすすめかと思います。

皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。

2017年10月28日(土)|Categories: お知らせ|

中国の火星探査は2020年前後に開始…当局関係者が演説

以前から中国の火星探査の状況についてはお伝えしてきましたが、さらに新しい情報です。
中国科学院重大科学技術任務局の徐帆江副局長は、20日から3日間にわたって開催された第3回北京月・深宇宙探査国際フォーラムにおいて、中国の火星探査が2020年前後に開始されると発言しました。新華社の報道を元に人民網日本語版が伝えています。

これまでお伝えしてきた内容とも整合性があるもので、ものすごく新しい情報というわけではありませんが、この「前後」というのがクセモノです。
ご存じの方も多いかと思いますが、火星探査は地球からいつでも出発できるわけではありません。火星と地球との位置関係(お互いに太陽の周りを公転しているが、速度が違うため、互いに離れたり近づいたりする)から、火星探査の出発のチャンスは約2年に1回となっています。
次のチャンスは2018年で、この年にはアメリカの火星探査機「インサイト」が打ち上げられる予定です。
その次のチャンスとなる2020年は火星探査機の打ち上げラッシュで、アメリカの「マーズ2020」、アラブ首長国連邦(UAE)の「アル・アマル」(打ち上げは日本のH-IIAロケットを使用)、ヨーロッパとロシア共同の「エクソマーズ」の第2弾(ローバー・着陸機)の打ち上げが予定されています。スペースX社による無人火星探査機打ち上げも予定されています。
次の2022年は今のところ決定した打ち上げはありませんが、日本のMMX探査機がひょっとすると打ち上げになるかもしれません(2024年打ち上げが濃厚とみられます)。
2020年「前後」ということは、来年(2018年)ということはまずありえないと思いますので、ズバリ2020年、あるいは2022年ではないかと考えられます。

これまでお伝えしてきた通り、中国の火星探査計画は、周回機6機、ローバー・着陸機7台という大変豪華なもので、火星の表層や大気、気象などを詳細に調査することになるとみられています。なお、この陣容の探査機を一度に打ち上げるのかどうかはわかっていません。

徐局長は、中国の月探査計画「嫦娥計画」が計画開始(2004年)からわずか3年で第1号機の打ち上げにまで進めることができたことを講演で強調したようですが、これは火星探査も同様に開発を急速に進めることを暗示しているようです。
仮に嫦娥計画と同様、計画開始から3年で打ち上げにこぎつけられるとすれば、2020年の打ち上げ好機に間に合うことになります。

中国は月探査、火星探査、さらに遠方の天体への探査など、次々に深宇宙探査計画を打ち出しています。科学技術への投資がそれだけ手厚いということであるのでしょう。この火星探査がどのように、どのくらいのスピードで進んでいくのかは引き続き注目していきたいと思います。

2017年10月28日(土)|Categories: 火星探査 (ブログ)|

洋泉社ムック「日本の未来100年年表」に編集長が記事を寄稿しています

洋泉社が発行しているムック本「日本の未来100年年表」に、編集長(寺薗)が宇宙に関する100年の予測について記事を寄せています。

日本の未来100年年表

この本は、来年(2018年)から100年間について、日本の政治や社会、経済や産業がどうなっていくのかを、各分野の専門家が詳細なデータを元に予測したものです。
ただ単なる予測ではなく、よりよい未来に向けての提言や現状を掘り下げる解説などが入っており、単なる未来予測ではなく、現状をつかみ、将来を展望する内容となっています。

編集長(寺薗)は宇宙開発について予測しています。この分野はさすがに日本だけとはいえず、世界全体の宇宙開発や宇宙科学の100年にわたる進歩予想を述べていますが、コラムではそれに向けた日本の宇宙開発のあるべき道について提言を述べています。

ムック本ということで、定価も1,200円(税別)と非常にお買い求めやすくなっております。
未来を知るためには今を知る必要があります。そして、この本はそのどちらも可能です。皆様ぜひお買い求めください。

2017年10月20日(金)|Categories: お知らせ|