moonstation

About 寺薗淳也

This author has not yet filled in any details.
So far 寺薗淳也 has created 1232 blog entries.

韓国の月探査第1段階完了を2020年に再設定、朴政権以前の目標に戻る

韓国の月探査計画に若干の後退がみられることになりました。中央日報日本語版が伝えるところによりますと、韓国の科学技術情報通信部は8月9日に宇宙開発委員会を開催し、この中で月探査の「第1段階」完了の時期を2年遅らせ、2020年に再設定すると決定しました。

2018年末打ち上げ予定の韓国の月周回衛星の想像図

2018年末打ち上げ予定の韓国の月周回衛星の想像図。合計で5つの機器を搭載し、そのうち4つが韓国、1つがNASAのものとなる。(© KARI)

韓国は宇宙開発を国策として積極的に推進すると共に、その技術開発、特に国産化を進めています。ロケットもKSLVと呼ばれる国産ロケットの開発を進めていますし、月探査もその流れの中にあります。
韓国の月探査は、2段階にわたるものとなっています。第1段階は周回衛星を打ち上げ、第2段階は着陸機を打ち上げるというものです。

前の朴槿恵(パク・クネ)政権時代には月探査は韓国の国策として強力に推し進められました。朴政権が進めた「技術イノベーションによる韓国の国力回復」の方針に沿ったもので、その中で予定が変わっていきました。当初は最初から着陸機を打ち上げる予定でしたが、その前に周回機を打ち上げる(月・惑星探査としてスタンダードな)方向に変わると共に、NASAとも技術協力を推進、一方では予定を前倒しする方向で検討してきました。

その中で、2018年末にはNASAからの技術協力を得た月周回衛星を打ち上げ、2020年には月着陸機を打ち上げる…朴槿恵大統領の言い方を借りれば「月に太極旗をはためかせる」…方向となっていました。
ただ、このブログで私も何回か指摘していましたが、ロケットの開発も遅れる中で、いたずらにスピードばかりを求めることは、月・惑星探査のあり方としては望ましくない方向であると考えられます。
そんな中で、スキャンダルと共に朴槿恵大統領は退陣、変わって登場した文在寅政権が現在、前政権の政策の総見直しを進めています。今回の延期決定もそのような流れの中にあるといえるでしょう。2年遅れると書きましたが、実際には朴・前政権が推し進めた「2年の前倒し」をキャンセルし、元の計画に戻したという言い方が適切かと思われます。

中央日報日本語版の記事の中にも、「衛星開発にも5~8年かかるのに月探査1段階事業を3年で推進するのは現実的に難しい。開発期間を2年延長しよう」という意見が紹介されています。確かにこれまで、月・惑星探査を全く行ったことがない韓国が、あと2〜3年(もし2018年としたらあと1年ちょっと)で月探査衛星を打ち上げるというのはもはや無謀といってもよい計画だと思われます。
宇宙開発、とりわけ費用のかかる月・惑星探査は、技術を慎重に積み重ね、安全を確かめて進めることが必要です。今回の延期の方針はその方向性に沿ったものであり、妥当であると編集長(寺薗)も考えます。

またこの記事では、 科学技術情報通信部のペ・テミン政策官の言葉として、「もう1段階の開発追加も検討する必要があるかも知れない」という検討内容が述べられており、これについては今後検討が進められていくと考えられます。
この検討結果次第では、2020年の周回機打ち上げの目標再設定もありえるでしょうし、さらに第2段階の着陸機打ち上げの目標(そもそもの計画では2025年とされていました)の再検討も行われる可能性があります。

月・惑星探査は、探査に関する技術的な問題だけではなく、予算や周辺技術の状況も総合的に判断して進めなければなりません。と同時に、政治的な観点からの介入、とりわけ政権の人気取りといった「技術的な目的以外の観点からの」介入は極力排除しなければなりません。
今回目標をある程度ゆるめたことで、韓国がもう一度月探査に関する技術的な状況を点検した上で、現実的な目標を設定し、確実なミッション成功を収められるような(時間的・技術的な)計画を再立案することを望みたいと思います。

2017年8月14日(月)|Categories: 月探査 (ブログ)|

TeNQ 夏休み火星イベント – 夏休み火星探査・火星で”Come on a my house”

東京ドームの黄色いビルにある宇宙ミュージアム「TeNQ」(テンキュー)では、この夏、火星についての2つのイベントを開催します。
いま最も探査が熱心に行われている天体・火星。来年(2018年)は火星大接近があります。ぜひ、火星についてもっといろいろ知ってみるのはいかがでしょう。もちろん、夏休みの自由研究にも最適です。

自由研究におすすめ! 『夏休み火星探査』

火星研究の日本の第一人者でもあり、TeNQの科学アドバイザーでもある、東京大学総合博物館の宮本英昭教授が監修した火星研究キットをTeNQでご購入いただけます。
また、TeNQの「サイエンス」エリアには、火星の地表の様子が3D(立体的)に現われます。特別なメガネをかけることで、火星の表面のデコボコが浮き上がって見え、まるでいま火星にいるかのような感覚を味わえます。
さらに、いま火星で活躍しているローバー、「マーズ・サイエンス・ラボラトリー」(キュリオシティ)について解説したボードも登場。
わかったようでわかっていない火星の姿。最新の情報をもとに、しっかり学んでみましょう。

  • 火星研究キット…販売価格200円
    火星の地図や標高図、キュリオシティが撮影した火星表面の写真などが含まれています。
    ※館内でのみお求めいただけるため、TeNQ入館料が別途必要です。
  • 監修…宮本英昭 (東京大学総合博物館 教授)
  • 期間…7月21日(金)~8月30日(水)

※火星研究キットに書き込む際には、下敷きをご持参いただくとより書きやすくなります。

TeNQチャレンジ ~火星で”Come on a my house”~

第4回宇宙建築賞の開催を記念し、TeNQを訪れている皆様にも、第4回宇宙建築賞と同じ「火星での建築物」のアイディアを考えていただこう、という企画です。
火星の環境を十分に考慮に入れた上で、あなたならではの「火星の家」を考えてください。応募用紙と応募ボックスはTeNQに設置されています。

  • 期間…7月21日(金)~8月30日(水)
  • 参加…無料 ※ただし、TeNQ入館料は必要となります。
  • 発表…2017年10月1日
    発表はTeNQホームページへの掲載という形で行います。
    賞品は当選者への発送をもって代えさせていただきます。

<賞品>

■一般部門

■子ども部門

  • 山崎直子さん(宇宙飛行士) 直筆サイン本 …1名様
  • 東京ドームシティアトラクションズ ワンデーパスポート ペア …5名様
    東京ドームシティアトラクションズのアトラクションが1日乗り放題です。
  • TeNQ オリジナルグッズ …2名様

<審査員>

  • 宮本英明様 (東京大学総合博物館 教授)
  • 松本文夫様 (東京大学総合博物館 特任教授)
  • 十亀昭人様 (東海大学工学部 准教授)
  • 寺薗淳也  (会津大学 准教授・「月探査情報ステーション」編集長)
  • ドンチャック&ララ様 (東京ドームシティ アトラクションズ・マスコットキャラクター)

<応募についてのご注意>

  • 応募作品はご返却いたしません。また、TeNQの館内や公式サイトなどで掲載する場合があります。
    この点をご了承の上ご応募ください。

協力…宇宙建築コンテスト実行委員会、月探査情報ステーション


2017年8月6日(日)|Categories: いまのイベント|

ボイジャー探査機、打ち上げから間もなく40年

打ち上げから40年経過し太陽系を飛行中のボイジャー探査機の想像図

打ち上げから40年経過し太陽系を飛行中のボイジャー探査機の想像図 (Photo: NASA)

いまから40年前、外惑星、そして太陽系のはるか彼方に向けて旅立っていった探査機、ボイジャー。
NASAはこのほど、このボイジャー探査機についての最新情報を発表しました。

ボイジャーは2機の探査機から構成され、それぞれ「ボイジャー1号」「ボイジャー2号」と呼ばれます。
ボイジャー1号は1977年9月5日に、ボイジャー2号は1号より早く、1977年8月20日に打ち上げられました。
ボイジャーの目的は、外惑星(木星・土星・天王星・海王星)の素顔を探ることにありました。
ボイジャー1号は1979年3月に木星を、1980年11月に土星を通過し、これまで人類がみたことがない、鮮明な写真を撮影することに成功しました。
ボイジャー2号は1979年7月に木星、1981年8月に土星を通過し、さらに1986年には天王星を、1989年8月には海王星を通過し、各天体の写真を撮影し地球に送りました。現在に至っても、天王星、海王星を間近に接近して撮影した探査機はボイジャー2号のみです。
ボイジャーの探査は、私たちの太陽系の知識を塗り替えたといってもよいでしょう。編集長(寺薗)も中学生だった当時、ボイジャーから送られてくる鮮明な木星や土星の画像に衝撃を受け、この世界(惑星科学、惑星探査)の世界に入ろうという決意をしたものです。それはそのような画像やデータを盛り込んだ、カール・セーガン博士のテレビ番組「COSMOS」(コスモス)の影響も少なからずあったでしょう。

ボイジャーの探査によって、私たちの外惑星に関する知識は飛躍的に増大しました。と同時に、より詳しく探査すべき、という機運も高まりました。それもあり、1990年代には木星にガリレオ探査機が、2004年には土星にカッシーニ探査機が送られ、それらの天体をより詳しく探査しました。
これらの探査によって、木星や土星、さらにはその衛星についての知識がさらに増えたことは確かですが、さらに多くの謎も生み出し、より詳細な探査を求める声があることも確かです。

さて、外惑星探査という大きな役割を終えたボイジャー探査機は、その後「太陽系の境界を探る」という、もう1つの役割が残されました。
ボイジャー探査機は、外惑星の探査を終えたあと、太陽系の縁へと向かって延々と飛行しています。そのため、いつかは太陽系の縁を横切ることになるというわけです。

2012年、ボイジャー1号は太陽系の境界を通過し、宇宙空間へと飛び出しました。人類が作った物体として、はじめて太陽系を飛び出した物体となったのです。
しかし、宇宙は広いのです。NASAによると、ボイジャー探査機が太陽から最も近い恒星までの距離を飛行するまでにはあと4万年かかるとのことです。気が遠くなる、というよりまず私たちには実感のない時間ですが、宇宙の歴史を考えると「あっという間」ともいえます。

NASAによると、ボイジャー探査機は人類が生み出した探査機として最も遠くにあり、また最も長命な探査機とのことです。実際、打ち上げから40年を経過した現在(2017年)においても地球との交信が毎日順調に行われており、探査機自身の状況や周辺の環境についてのデータが送られてきています。
特に太陽系を飛び出したボイジャー1号からのデータは、私たちが知らない恒星間空間の情報を得るための貴重なデータとなります。

現在ボイジャー1号の地球からの距離はおおよそ208億キロメートル。太陽-地球間の距離(天文単位)のおよそ140倍という遠さです。この距離で、ボイジャー1号は黄道面(惑星などが公転している面)に対し「北向き」で進んでいます。
探査機が送ってくる情報として重要なものの中に、宇宙線(光の速度に近いくらいまで高速に加速された原子)の強さがあります。現在ボイジャー1号が飛行している恒星間空間では、地球周辺の4倍くらいもの宇宙線が飛び交っています。
太陽系では、太陽から吹き出してくる高速の風「太陽風」(これも電気を帯びた粒子=荷電粒子からなっています)があり、これによって私たちは強烈な宇宙線からある程度守られています。この太陽風が影響を及ぼす領域が太陽系の広さを規定しているともいえ、この領域のことを「太陽圏」(ヘリオスフェア)といいます。
また、ボイジャー1号は、局所的な恒星間空間の磁気圏が、この太陽圏を囲むように存在していることも発見しています。

一方、後を追いかけるボイジャー2号は、地球から176億キロメートル(地球-太陽間の距離の約114倍)のところを飛行しており、ボイジャー1号とは逆に「南方向」へ飛行しています。ボイジャー2号はまだ太陽系の縁に到達していませんが、おそらくは数年以内に到達するのではないかとみられています。
このように、2つのボイジャー探査機がまったく別々の方向に飛行することによって、科学者たちは太陽圏が周りの後星間空間とどのような相互作用を及ぼしているか、磁場や低周波の電波、太陽風のプラズマなどが太陽系の縁でどのようになっているかをより詳しく調べることができます。
ボイジャー2号が太陽系の縁を通過すれば、科学者たちは「太陽系の境界」の新しい「サンプル」を得ることができるでしょう。

ボイジャー計画の初期から携わり、今もボイジャー計画を見守り続ける、ボイジャー計画のプロジェクト・サイエンティスト…というより「ボイジャー計画の父」といっても過言ではない研究者、エド・ストーン(エドワード・ストーン)博士は、ボイジャー探査機についてこのように述べています。
「40年前、私たちがボイジャー探査機を打ち上げたとき、まさか40年間探査機がもつとは誰も思っていなかった。そして、探査機が新しい世界を切り拓く旅を続けるとも予想していなかった。今後5年間、私たちが思ってもみなかったものを、ボイジャー探査機が見つけ出すかもしれない。」

エド・ストーン博士はやや謙遜気味に「40年もつとは思わなかった」と言っていますが、それはある意味、当時の科学者たち(もちろん博士も含めて)の探査機設計の素晴らしさによる部分が大きいといえるでしょう。
なにしろ、ボイジャーが飛行しようとするところは過酷な世界です。木星には太陽系最大の磁場があり、ボイジャー探査機はそこを通り抜けなければなりません。
それら外惑星の世界については当時まだよくわかっていませんでした。そのような環境にもしっかり対応できるように、そしてトラブルがあったときにも十分に対応できるように(ボイジャー探査機は、機器にトラブルがあっても代わりのシステムが動く「冗長系」というシステムを搭載しています)設計されています。このような、向かうべき宇宙空間を見据えたシステムのおかげで、ボイジャーは40年もの長きにわたって生き続けることができたといえるでしょう。

さらに、長い旅の間のエネルギー源の確保も重要な問題です。
ボイジャー探査機は太陽から遠いところを飛行するため、太陽電池を使うことはできません。そのため、原子力電池という仕組みによって電力を得ています。原子力電池とは、いわゆる「原子力発電」とは異なります。同じように放射性物質は使用しますが、原子力発電が放射性物質が崩壊する際の熱から蒸気を作って発電するのとは異なり、原子力電池はその熱を直接電気に変換します。
ボイジャー探査機が使用している放射性物質はプルトニウム238というもので、半減期が88年です。
「半減期」という言葉があるように、放射性物質も永遠ではなく、徐々に減っていきます。現在、ボイジャー探査機の発電量は年に4ワットずつ減っていきます。技術者たちは、この発電量の減少を通して、将来遠隔地に送られる探査機で、非常に少ない電力で装置を動作させるための技術を習得しようとしています。
さらに、ボイジャーの電力を最大限活かすため、40年前…いや、開発された当時は50年前…の文書をあたり、指令やソフトウェアに習熟し、探査機に対して最適な指示を送るようにしています。

「ボイジャー探査機が使用しているテクノロジーは何世代も昔のもので、探査機を運用し続け、将来にわたって生かし続けるためには、1970年代の技術に精通した技術者が必要になる。」(ボイジャー計画のプロジェクトマネージャー、ジェット推進研究所(JPL)のスーザン・ドット氏)

ボイジャーの電池、さらにいえばその源となる放射性物質は無限ではありません。また、ボイジャー探査機を運用し続けることができる電気を発電できなくなるときが、いつかやってきます。
ボイジャーのチームメンバーは、2030年までには最後の科学機器の運用を停止することになるだろうと予想しています。そしてそのとき、探査機は地球との通信もできなくなり、完全に沈黙することになるでしょう。
しかし、探査機はその後もずっとずっと、飛び続けていきます。はるかなる宇宙空間へと、探査機はあてもない旅に向かいます。探査機は現在時速4万8280キロ(秒速約13.4キロ)というスピードで飛行していますが、この速度をもってしても、私たちの銀河系を一周するには2億2500万年という途方もない時間が必要になります。

ボイジャーは、このあてどない旅のどこかで、私たちのような知的生命体に出会うこともあるかも知れません。そのようなときに備え、私たち人類、そして私たちが住む地球がどのようなものなのかを知らせるためのレコードを搭載しています。「ゴールデンレコード」と称されるそのレコードには、様々な言語によるあいさつ、古今東西人類が作り上げてきた音楽、地球上のさまざまな(自然の、あるいは人工の)音、地球の写真など、さまざまなものが収められています。
遠い遠い将来、ボイジャーに出会った知的生命体がこのレコードを解読し、私たち人類の存在を知ることになるかも知れません。

ボイジャー探査機に搭載されたゴールデンレコード

ボイジャー探査機に搭載された「ゴールデンレコード」のおもて面。地球の位置を知らせるための各種記号などが刻印されている。(Photo: NASA, 出典: https://www.jpl.nasa.gov/voyager/galleries/making-of-the-golden-record/)

これほどまでにロマンを誘うミッションがほかにあるでしょうか。いや、私たちはロマンを超えて、さらに遠くの世界への歩みを進めなければならない…ボイジャーの探査は、私たちにそう教えているようにみえます。
「40年もの長きにわたって成果を挙げ続けてきたボイジャーほどの探査はほとんどないと確信する。ボイジャーは、私たちに宇宙の不思議さを教えてくれた。そして、私たち人類に対し、太陽系、そしてその先の宇宙を探査することの重要さを強く認識させたと思う。」(NASA本部の科学ミッション部門副部門長、トーマス・ズブッケン氏)

2017年8月5日(土)|Categories: ボイジャー|

「月探査占い」と「月クイズ」は現在ご利用いただけません

月探査情報ステーションのコーナーで人気がある「月探査占い」と「月クイズ」ですが、現在、ご利用いただけない状態となっております。

昨年6月にサーバーを切り替えた際、「月探査占い」と「月クイズ」にて使用しているプログラムとの互換性がなくなってしまい、復旧させるためにはプログラムの大幅な書き換えが必要となっておりますが、現在まで着手ができない状態となっております。
大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありませんが、復旧までしばらくお待ちいただきますよう、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

なお、「月探査占い」「月クイズ」ともに、復旧の際にはシステムが新しくなるだけでなく、新サーバー上で動作することになります。当然、スマートフォンやタブレットなどの携帯機器にも対応した画面でお楽しみいただけるようになります。どうぞご期待ください。

2017年8月2日(水)|Categories: お知らせ|

金星探査機「あかつき」のはじめての観測データセットが公開される

まさに奇跡の「逆転ホームラン」で、一度は投入に失敗した金星周回軌道に5年越しで再投入を果たした金星探査機「あかつき」。昨年(2016年)4月から本格的な科学観測を実施し、多くのデータが得られています。
このほど(7月11日)、「あかつき」の科学観測データが、ミッションを実行するJAXA宇宙科学研究所からはじめて公開されました。基本的には研究者向けですが、一般の方もダウンロードすることはできます。

「あかつき」科学データアーカイブのトップページ

「あかつき」科学データアーカイブのトップページ(クリックすると直接そのページヘジャンプします)

宇宙科学研究所は、科学探査を行っています。そして、そのような科学データは原則としてある一定期間後に無償で全世界に公開されます。これは世界的な慣例でもあり、NASAなどでも同じように探査データは無償で公開されています。
宇宙科学研究所では、DARTS(ダーツ)(Data ARchives and Transmission System)というサイトで科学データが公開されています。宇宙科学研究所が打ち上げた科学衛星のほぼすべてのデータがここで公開されています。天文衛星や月・惑星探査衛星のデータはここで公開されており、例えば月周回衛星「かぐや」や小惑星探査機「はやぶさ」のデータもここからダウンロードできます。
ただ、データは科学者が使用することが前提になっているため、そのためのフォーマットや形式で公開されています。そのため、データを実際に使用する(例えば、画像データを実際にご自身のパソコンなどでご覧になる)には、対応するソフトウェアなどが必要になります。

今回公開された「あかつき」データは、電波科学観測(RS)も含む全ての観測データです。
データの形式は、NASAが提唱する科学データ公開形式「PDS」(Planetary Data System)に準拠したものです。NASAが加わっているかどうかは別として、最近の探査データはこのPDS形式で公開されることが多くなっています。

なお、各観測機器のデータは、雷・大気光カメラ(LAC)を除いて画像データの形で公開されています。この画像データはFITSという、天文分野などで一般的に使われるデータフォーマットで公開されていますので、対応するソフトウェアをお持ちであれば、皆様のダウンロードしてご覧いただくことは可能です。
FITSに対応するソフトウェアは無償で手に入るものも多いですが、一般的なものとしてはgimpなどがあります。
例えば、IR1 (1μmカメラ)の2016年3月26日撮影の画像(データ名: ir1_20160326_120350_097_l1b_v10)という画像をダウンロードし、gimpで開きますと、このような金星の姿が現れます(Ubuntu 16.04に付属のgimpを使用)。

「あかつき」観測画像の一例

「あかつき」観測画像の一例(ir1_20160326_120350_097_l1b_v10) (© JAXA)

ただ、すべてのデータがきれいというわけではなく、中にはこのようなものもあります。報道向けにきれいなものが選択されているわけではなく、取得されたデータすべてが公開されているため、このようなものも含まれています。

「あかつき」観測画像の一例

「あかつき」観測画像の一例(ir1_20160326_080351_097_l1b_v10) (© JAXA)

今回公開されたデータについては「ピアレビュー前」、つまり研究者の正式なレビューなどを経る前の公開ということになっています。そのため、仕様に関しては自己責任で行うように、という注意書きがあります。ただし、論文を書いたり解析をしたりするのではなく、「あかつき」が撮影した金星の姿を見てみたい、というのであれば、問題なく使用可能です。

「あかつき」に限らず、多くの科学衛星のデータが、DARTSを通して公開されています。使いこなすにはかなりの手間と時間がかかりますが、皆さんでもこのように、ネットワークとパソコンさえあれば自由にデータを入手・閲覧し、解析することも可能です。もし「我こそは!」という方は、ぜひ挑戦されてみてはいかがでしょう。

2017年7月18日(火)|Categories: あかつき|