きっかけは2005年11月25〜26日、「はやぶさ」の小惑星イトカワへの2度めのタッチダウンのときでした。

それまで、タッチダウンのテスト、第1回のタッチダウンと、土・日の夜の徹夜が連続していて、スタッフの疲労度は極限に達していました。しかも、2度めのタッチダウンはサンプル回収の最後のチャンス。この夜に、スタッフはみんな賭けていました。
そんな中、ブログで全世界に向けてこの歴史的タッチダウンの状況を伝えるという役割を担っていたのが、齋藤潤さん(当時・「はやぶさ」の理学カメラ主任責任者。現・鹿島建設技術研究所)と、寺薗(当時・JAXA広報部・「はやぶさ」広報チーム、現・会津大学/月探査情報ステーション編集長)でした。

重要な夜の仕事を貫徹すべく、この2人がそれぞれブログ作業スペースに持ち込んだのが、10本入りの「リポビタンD」の箱でした。これは別に2人が示し合わせて買ってきたわけではなく、本当にたまたま2人とも同じものを買ってきていたのです。
そして、疲労度極限の徹夜の中、2人がリポビタンDを飲みまくり、その瓶が増えていく様子がブログの写真に映りこみました。そうすると、ネット上で「あの瓶は何だ?」「あいつらは何をやっているんだ!?」といった話が巻き起こり、重要なミッションそっちのけでネット上で大きな話題になりました。中にはタッチダウン前にパロディ動画や画像を作ってしまう人も出る始末でした。

こうして、2人で10本のリポビタンDを飲み干して伝えたタッチダウンは、日本の宇宙開発史上に残る大快挙となりましたが、その一方で、リポビタンDと宇宙とをたまたま結びつけてしまったということになったのです。しかしそれ以来、リポビタンDは「宇宙開発公式ドリンク」などと宇宙開発ファンの間で呼ばれ、関連グッズや動画、静止画が出回るなど、宇宙開発の現場には欠かせないものとなりました。

現在では、大正製薬さんは月探査情報ステーションや、はやぶさ帰還後の2011年に期間限定で開設された「はやぶさi」のパートナーになっていただくなど、宇宙開発や月・惑星探査と緊密な縁で結ばれています。「はやぶさ」がつないだ不思議な縁が、こうやっていまでも続き、宇宙開発を支え、発展させていく力になっているのです。

※【ご注意】リポビタンDの用法・用量は「15歳以上、1日1本」です。間違っても我々のような飲み過ぎはしないようにお願いしますね。

「はやぶさ」とリポビタンD(その1)

25日午後10時20分のブログ執筆ブースの風景。ブログ開始からまだ1時間経過していない頃。(© JAXA)

下向き矢印

「はやぶさ」とリポビタンD(その2)

日付が変わり、26日午前1時5分の執筆風景。
執筆者は左が寺薗、右が齋藤潤さん。この時点で手前にすでに4本(つまり、1人あたり2本)の空のリポビタンDの瓶がある。入力しやすくするためにつけられた外付けのキーボードの台がリポビタンDの箱になっている点にも注目。(© JAXA)

下向き矢印

「はやぶさ」とリポビタンD(その3)

26日午前3時30分現在のブログ執筆ブースの状況。齋藤さんがブログを執筆中。外付けキーボードをリポビタンDの箱2つで支える、通称「リポビタンブリッジ」の様子がよくみえる。この時点で空き瓶は6本。写真の左隅に写り込んでいる。(© JAXA)

下向き矢印

「はやぶさ」とリポビタンD(その4)

ブログ作業終了時、26日午後3時52分の作業ブース風景。とうとうリポビタンDの瓶は10本になっている。合計17時間にわたりブログを更新し、「はやぶさ」タッチダウンの状況を伝え続けたことになる。(© JAXA)


  • Hayabusa Live (JAXA宇宙科学研究所)…当時(2005年11月)のブログは、いまでも閲覧可能です。

はやぶさ トップへ