moonstation

About 寺薗淳也

This author has not yet filled in any details.
So far 寺薗淳也 has created 1396 blog entries.

チャンドラヤーン2、延期された打ち上げ日は7月29〜30日になる可能性

7月15日に打ち上げ予定だったインドの月探査機「チャンドラヤーン2」ですが、打ち上げは機器の不具合により延期されました。インド地元紙によると、延期された打ち上げの再度の日程は今月末、7月29〜30日くらいになるのではないかとのことです。

チャンドラヤーン2周回機と着陸機

打ち上げ射場(サティシュ・ダワン宇宙センター)でロケットへの搭載作業が進められるチャンドラヤーン2探査機。左側、ロケットフェアリング手前で吊り下げられているのが着陸機「ビクラム」。手前(右側)にあるのが周回機。(© ISRO)

この情報を伝えているのはインドの国内紙、ヒンドゥスタン・タイムズです。
同紙によると、7月15日の打ち上げ中止は打ち上げまであと56分というところでの停止だったそうです。この中止は、インド宇宙機関(ISRO)のホームページでは「技術的な問題」(technical snag)と表現されていますが、その詳細については公表されていません。

ISROの当局者によると、現在のところ再設定される打ち上げ日がいつになるかは公表できないとのことで、現在も打ち上げ中止の原因となった「技術的な問題」の詳細についての調査が続いているとのことです。ただ、ヒンドゥスタン・タイムズ紙は、次回の打ち上げ日のチャンスとして、新月に近い7月29日または30日になるのではないかとの推測を立てています。おそらくこれは月への到達軌道の問題になると考えられますが(今回の15日という打ち上げ日も満月の少し前でした)、記事でも明確な根拠は示されていないため、あくまでも推測と捉えるべきでしょう。

なお、チャンドラヤーン2の打ち上げウィンドウは9月まで残されているとのことです。

記事によると、ISROは打ち上げ中止を「十分な予防措置として」中止したとのことです。なお、同紙にISRO関係者が語ったところによると、ロケット(から送られてくる各種)パラメーター(機器が示す数値)が一部基準に達していなかったとのことで、ISROとしてはなるべく早く打ち上げたいとのことだそうです。この「なるべく早く」は気持ちとしてはわかりますが、原因が究明されていない段階での早期打ち上げは危険ではあります。

また、別のISRO担当者は、「(打ち上げ延期は)残念なことであるが、幸いにも探査機とロケットはそのまま残っており、また後日打ち上げが可能だ」と語っています。このくらいの姿勢の方がむしろ安全といえるでしょう。

チャンドラヤーン2は、インドが打ち上げる2機目の月探査機です。前回の「チャンドラヤーン1」が周回機のみだったのに対し、今回は周回機、着陸機、ローバーの「3点セット」で臨みます。着陸場所は月の南極付近を想定しています。
着陸に成功すれば、インドは旧ソ連、アメリカ、中国に続く、4カ国目の月への軟着陸に成功した国となります。
着陸機にはローバーが内蔵されています。着陸機は、ISRO初代長官の名前を取って「ビクラム」という愛称が、ローバーにはサンスクリット語で「知恵」を意味する「プラギヤン」という愛称がそれぞれつけられています。

宇宙開発は基本的に安全第一であり、他の(政治的、あるいは個人的な)都合により振り回されるべきものではありません。まずは今回の打ち上げ延期を招いたトラブルの原因究明がなされ、その後にしっかりと打ち上げ日を設定、成功させることが重要です。

2019年7月16日(火)|Categories: チャンドラヤーン2|

チャンドラヤーン2、「技術的問題」により打ち上げ延期

インドの月探査機「チャンドラヤーン2」は、7月15日の打ち上げが予定されていましたが、トラブルにより延期となりました。日本では産経新聞が報じているほか、チャンドラヤーン2を打ち上げるインド宇宙機関(ISRO)のホームページにも延期が告知されています。

打ち上げを待つチャンドラヤーン2探査機

GSLVマークIIIロケットに搭載され、打ち上げを待つチャンドラヤーン2探査機 (© ISRO)

チャンドラヤーン2は、2009年に打ち上げられた「チャンドラヤーン1」に続き、インドが打ち上げる2機目の月探査機です。周回機、着陸機、ローバーの3つからなり、月の南極付近に着陸、地表探査を実施する予定です。

打ち上げは7月15日午前2時51分(現地時間。日本時間では同日午前6時21分。インドと日本の時差は4時間30分)の予定でしたが、ISROによると「技術的な問題」(ホームページの用語では “technical snag” )が発生し、打ち上げは延期になったとのことです。なお、新しい打ち上げ日時については決まり次第発表とのことで、現時点ではいつになるかまだわかっていません。また、この「技術的な問題」の詳細についても発表されていません。

現時点では、ともかくも打ち上げが成功するように、待つことが大切かと思われます。続報が入り次第お伝えします。

 

2019年7月15日(月)|Categories: チャンドラヤーン2|

ブログに新しい記事を追加しました

月探査情報ステーションブログに、以下の日付で新しい記事を追加しました。

月探査情報ステーションブログでは、過去の日付でブログに記事を追加することがあります。これは、元になる情報から記事の日付がそれほど離れないようにするため、または過去に「下書き」記事として執筆していたが執筆を中断していた記事を完成させたため、などの理由によるものです。
日付は前のものとなりますが、内容自体は日付に関係なく最新のものですので、ぜひお読みいただければと思います。

2019年7月8日(月)|Categories: 最新情報|

編集長(寺薗)が企画に関わったテレビ番組が放送されます

編集長(寺薗)が企画に関わったテレビ番組「サイエンスZERO」が、7月7日夜、NHK Eテレ(教育テレビ)で放送されます。なお、寺薗本人は今回は登場しませんのでご了承ください。

今回の番組は、宇宙夜話シリーズの第3話として、「アポロ月面着陸から50年 知られざる分岐点」と題してお届けします。
この7月は、アポロ11号の歴史的な月面着陸からちょうど50年となります。それに合わせ、アポロ計画の知られざる歴史、特にアポロ計画(11号の月面着陸)を行う上で決定的なミッションとなったアポロ8号に焦点を当てます。
アポロ計画について、その意義や背景、そしてアポロ計画が残した遺産(レガシー)について、スタジオで解説します。

出演者は、「サイエンスZERO」のレギュラーでもある小島瑠璃子さん、森田洋平アナウンサーに加え、ゲストとして、佐賀県立宇宙科学館館長でもあり、元宇宙開発事業団/JAXA広報部でもある渡辺勝巳さん、日本初の民間ロケット打ち上げを実施したインターステラーテクノロジズ社長の稲川貴大さん、そして(宇宙夜話シリーズでは恒例となりつつありますが)ミュージシャンで宇宙探査が大好きな朝倉大介さん、そしてデーブ・スペクターさんという豪華な布陣です。
なお、渡辺勝巳さんは寺薗のJAXA広報部時代の上司でもあり、数々の薫陶を受けた尊敬すべき方でもあります。彼のアポロ計画、そして日本と世界の宇宙開発についての知識はものすごいものがあり、まさに「日本一アポロについて知る方」といっても過言ではないでしょう。

なお、その翌週の「サイエンスZERO」も、引き続きアポロ特集です。「追体験!アポロ11号の8日間」と題して、7月20日の50周年に向けたおさらいという形で特集します。こちらはゲストは渡辺勝巳さんのみです。

月へ再び人類を送ろうという動きが出てきている中、50年前の有人月面探査計画を改めて振り返るのも、またよい機会かと思います。お子様がいらっしゃる方は、お子様の夏休みの自由研究の題材にもなるのではないでしょうか。
ぜひ皆様、ご覧くださいませ。

なおこの7月7日の昼には、私が出演するNHK FMのラジオ番組「トーキング ウィズ 松尾堂」も放送されます。七夕の日、ぜひ宇宙と宇宙開発に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

サイエンスZERO 「アポロ月面着陸から50年 知られざる分岐点」

  • 放送日時 7月7日(日) 午後11時30分〜午後12時
  • 放送チャンネル NHK Eテレ (NHK教育テレビ)
  • 再放送 7月13日(土) 午前11時〜午前11時30分

サイエンスZERO 「追体験!アポロ11号の8日間」

  • 放送日時 7月14日(日) 午後11時30分〜午後12時
  • 放送チャンネル NHK Eテレ (NHK教育テレビ)
  • 再放送 7月20日(土) 午前11時〜午前11時30分

 

2019年7月4日(木)|Categories: お知らせ|

7月7日、編集長がラジオ番組に出演します

編集長(寺薗)が、7月7日(日)に放送されるラジオ番組に出演します。

番組は、NHK FMの「トーキング ウィズ 松尾堂」です。渋谷の老舗書店「松尾堂」を舞台に、様々なゲストとのトークを繰り広げるバラエティ・ラジオ番組です。松尾貴史さんと加藤紀子さんがパーソナリティを務めていらっしゃいます。
今回は私と共に、日本科学未来館館長で宇宙飛行士でもある毛利衛さんがご一緒し、「アポロから50年 月と日本の宇宙開発を知る」というテーマでのトークを展開します。

今年はアポロ11号の月面着陸から50年。7月20日がちょうどその50周年となります。それを機に、月についての話や「はやぶさ2」をはじめとする日本の宇宙開発、さらには有人月探査計画などについて、宇宙開発の過去・現在・未来の話を展開してまいります。
なお、番組はゲストが選んだ音楽もかかりますが、どのような音楽になるかはぜひ、当日をお楽しみに。
七夕の日、ぜひ宇宙の話題でちょっとゆったりとしたお昼をお過ごしください。

番組の放送は7月7日(日)、午後0時10分〜午後1時55分(1時間40分)です。

番組を聞く方法ですが、通常のFMラジオのほかに、インターネットであればNHKラジオのウェブページ「らじる★らじる」がご利用いただけます。また、スマートフォンであればNHKらじる★らじるのアプリもあります。
当日お聞きになれなかった方も、聴き逃しサービスで、放送翌日から1週間はお聴きいただけます。

皆様、ぜひ番組をお楽しみに。

2019年7月2日(火)|Categories: お知らせ|