A

満月が昇って沈むまでの間で、特に月が地平線に近いときに、月がとても大きく見えることがありますが、これは目の錯覚です。

一方で、月は楕円軌道を描いているので、月の公転に伴って見かけの大きさも約27.3日周期で変化します。この変化の度合いはかなり大きく、最大で約25パーセントにもなります。
同様に太陽の見かけの大きさも1年周期で変化しますが、この変化の度合いは最大でも数パーセント程度です。日食は月が太陽を隠す現象ですが、月と太陽の見かけの大きさがこのように少し変化するため、皆既日食になったり金環食になったりします。


■関連Q&A