designium

About designium

This author has not yet filled in any details.
So far designium has created 86 blog entries.

火星探査の歴史

1957年に旧ソ連が最初に人工衛星の打上げに成功した後、短期間のうちに宇宙船による火星探査の計画が旧ソ連、及びアメリカで進められました。しかし、火星探査機はいつでも打上げられるわけではありません。探査機の打上げ機会は、地球と火星の軌道の関係からほぼ26ヶ月毎にしか来ません。
最初に火星へ向かった探査機は1962年に打上げられたソ連のマルス1号です。マルス1号は火星から195,000キロメートルの地点を通過しましたが、その前に通信が途絶し、観測は失敗しました。
以後、ソ連のマルス探査機シリーズ、米国のマリナー探査機シリーズが次々と打上げられ、1971年にはマルス3号が最初に火星軟着陸に成功しました。1975年に米国のバイキング探査機が火星に着陸し、3種類の装置を使用して生命の探査が行われましたが、生命の痕跡につながる証拠は発見されませんでした。
バイキングの後しばらく火星探査が中断していましたが、1988年にソ連のフォボス、1992年に米国のマーズ・オブザーバー、1996年にロシアのマルス96、米国のマーズ・グローバル・サーベイヤー、マーズ・パスファインダーが打上げられています。
1998年の火星探査の好機には、アメリカは「マーズ・サーベイヤ98」計画を立ち上げ、マーズ・ポーラ・ランダとマーズ・クライメイト・オービタを打ち上げましたが、両方とも失敗してしまいました。この失敗の影響で、アメリカの火星探査計画も大幅な見直しを余儀なくされました。
見直された火星探査計画に従い、2001年には、2001マーズ・オデッセイ探査機が打ち上げられ、2003年の火星大接近に合わせて、さらにマーズ・エクスプロレーション・ローバ、そしてヨーロッパ初の火星探査機、マーズ・エクスプレスが打ち上げられています。日本の「のぞみ」も残念ながら火星周回はならなかったものの、火星へのフライバイを行い、惑星探査につながる数多くの技術や科学的な成果を修得しました。
2005年の打ち上げ好機にはマーズ・リコネサンス・オービターが打ち上げられました。最高解像度数十センチメートルという驚異的な性能を誇るカメラで、火星の地表を撮影し、火星についての認識を塗り替えつつあります。
2007年の打ち上げ好機には着陸機「フェニックス」が打ち上げられました。火星の極地域に着陸するという意欲的な探査で、掘削によリ、地表下の氷の存在を確かめることができました。
2009年にはマーズ・サイエンス・ラボラトリーと、ロシアのフォボス・グルント、中国の蛍火1号の打ち上げが予定されていましたが、いずれも打ち上げが延期され、次の好機である2011年に打ち上げられました。そして、マーズ・サイエンス・ラボラトリーは、2012年8月に火星に到着、探査を開始しています。これまでで最大級の1トン近いローバーでの探査に大きな期待が寄せられています。

過去の火星探査

火星探査機一覧


2015年7月8日(水)|Categories: 火星・赤い星へ|

メイバン (MAVEN: Mars Atmosphere and Volatile Evolution)

メイバンは、2014年9月21日午後10時24分(アメリカ東部夏時間。日本時間では22日午前11時24分)、火星周回軌道への投入に成功しました。(2014年9月22日午後10時10分更新)


火星上空を飛行するメイバンの想像図 (Photo by NASA/Goddard)

メイバンは、主に火星の大気を調査することを目的に、NASAが2008年9月に新たな探査として選定した探査計画です。2013年11月19日に打ち上げられ、2014年9月22日に火星に到着しました。名前(MAVEN)は英語の「火星大気・揮発性物質探査」(Mars Atmosphere and Volatile Evolution)の略称となっています。


2015年7月8日(水)|Categories: 火星・赤い星へ|

マンガルヤーン (Mangalyaan)

マンガルヤーンは、9月24日午前7時30分過ぎ(日本時間では24日午前11時過ぎ)、火星周回軌道に無事投入されました。(9月24日午後3時30分更新)


フェアリングに格納されるマンガルヤーン (Photo: ISRO)

サンスクリット語で「火星」(Mangal)の「乗り物」(yaan)を意味する「マンガルヤーン」は、インドではじめての火星探査機です。2013年11月5日に打ち上げられ、2014年9月24日に火星に到達しました。これはインド初の火星探査機であるばかりではなく、アジアではじめての火星周回機となります。


(注) このインドの火星探査計画につきましては、正式な呼称は火星周回衛星計画(MOM: Mars Orbiter Mission)となっていますが、他の火星周回衛星との混同を避けるため、月探査情報ステーションでは愛称とされている「マンガルヤーン」で呼称を統一します。

2015年7月8日(水)|Categories: 火星・赤い星へ|

マーズ・サイエンス・ラボラトリー (Mars Science Laboratory)

マーズ・サイエンス・ラボラトリーは、無事火星に着陸しました。着陸時刻は日本時間で8月6日午後2時32分ころです。(8月6日午後2時40分更新)


マーズ・サイエンス・ラボラトリー (Photo by NASA)

マーズ・サイエンス・ラボラトリーは、2004年に着陸したマーズ・エクスプロレーション・ローバーと同様、6輪の車輪を持ち、カメラなどを搭載します。また、火星表面の物質を化学的に探査する装置を搭載し、有機物や生命に関する痕跡がないかどうかを調べます。
当初は2009年打ち上げ予定でしたが、開発の遅れなどから約2年延長され、2011年11月27日(日本時間)に打ち上げられ、2012年8月6日に火星に到着しました。
公募により、愛称が「キュリオシティ」(好奇心の意味)と名付けられました。


2015年7月8日(水)|Categories: 火星・赤い星へ|

マーズ・リコネサンス・オービター (Mars Reconnaissance Orbiter)


マーズ・リコネサンス・オービター (Photo by NASA)

マーズ・リコネサンス・オービターは、その名の通り火星表面をくまなく偵察する周回衛星です(Reconnaissanceとは「偵察」という意味です)。アメリカ東部時間2005年8月12日午前7時43分(日本時間12日午後8時53分)に打ち上げられました。2006年3月10日(日本時間では3月11日)に火星に到着し、2006年11月から約4年間にわたって、火星を最大解像度1メートルという細かさで観測を行っています。


関連リンク

2015年7月8日(水)|Categories: 火星・赤い星へ|