アルテミス計画のイメージ(ロゴ、月、火星)

アルテミス計画のイメージ。左下はアルテミス計画のロゴ、月の背景に火星が遠くに映し出されていることで、この計画が究極的に有人火星探査に結びつくことが示されている。
(Photo: NASA)

■アポロから半世紀、アメリカがふたたび月へ人間を送る

1960〜1970年代のアポロ計画以来、人類は月に踏み入れていません。そこから半世紀、アメリカが再び、人類を月に送る計画を立てています。

2017年にNASAが提案した有人月探査計画が「アルテミス計画」です。ちなみに、「アルテミス」はギリシャ神話ではアポロの双子にあたり、この計画がまさに「アポロの双子」、すなわち半世紀を超えたアポロ計画の再来であることを暗示しています。

アメリカはアポロ計画以来、月への歩みは決して積極的とはいえませんでした。1990年代には科学探査機クレメンタインルナープロスペクターを打ち上げたものの、共に小型の無人探査機で、国家的プロジェクトとはいえませんでした。ただこの2機の探査機により、月の極地域に水があることが発見され、月がまたにわかに注目を浴びるきっかけとなります。

21世紀に入り、アメリカのブッシュ政権は有人月探査計画「コンステレーション計画」を打ち出します。ロケットと有人宇宙船を新規開発し、人間を再び月に送り込む計画でしたが、予算とスケジュールの超過が問題視され、次のオバマ政権時代に中止に追い込まれます。
一方、21世紀初頭には日本やヨーロッパ、中国、インドが月探査機を次々に打ち上げます。アメリカは2009年に無人月探査機「ルナー・リコネサンス・オービター」(LRO)を打ち上げました。LROに付随して搭載された衝突体「エルクロス」は月面に水の痕跡を発見、LROは10年以上の探査で詳細かつ膨大な量の月表面のデータを取得し、2021年5月現在も観測を続けています。

アルテミス計画は、コンステレーション計画の遺産、LROの成果を踏まえて計画された、アメリカの一大宇宙計画といえるでしょう。

■オライオン宇宙船を使い、2024年に人類を「ふたたび月へ」

コンステレーション計画では、SLSと呼ばれる打ち上げシステム(ロケット)と、オライオン(オリオン)宇宙船を使用します。
実は、このSLSとオライオンは、上述のコンステレーション計画において開発が始まったもので、十数年かけてようやく実用化にめどがついてきたところです。

SLSはスペースシャトルの打ち上げシステムをベースとしたアメリカの新しい打ち上げシステムで、NASAが開発しています。将来的にはこのロケットで月だけでなく、火星へ人間を送ることも想定されています。何度か計画が変更、延期されてはいますが、ようやくその姿がみえつつあります。
オライオン宇宙船は、スペースシャトルでの反省点から、翼を持たないカプセル型の宇宙船として製作され、最大4名の宇宙飛行士が搭乗可能です。これも当初はコンステレーション計画のために開発が始まったものですが、紆余曲折を経て同計画中止後も開発は続行され、2014年12月にテスト機の飛行に成功しました。

現在の計画では、2021年11月に、SLSとオライオンとを組み合わせた無人の飛行試験(アルテミス1)の打ち上げが予定されています。
そして、2022年中には初の有人飛行となる「アルテミス2」、2024年には3回目の飛行で月面に宇宙飛行士を送り込む予定です。なお、この際にはそのうちの1人が女性になるとNASAはアナウンスしています。

但し、このスケジュールが順当に進むかどうかは余談を許しません。もともと2024年というのは、トランプ前大統領が2期目に当選した際に在任最終年となるはずだった年であり、多分に政策的要素から目標が設定された可能性があります。バイデン現大統領も計画の見直しを進めるとみられており、この2024年というタイミングは今後変更される可能性もあります。

なお、2024年(あるいは人類の再月面到達)以降もミッションは継続される予定です。詳細はまだ決まっていませんが、将来的には人間が数人、数ヶ月にわたって滞在できるような月面基地の構築などが考えられるでしょう。
そして、アメリカが目指す宇宙開発の究極の目標「有人火星飛行」の拠点として月を活用することになるでしょう。すでに NASAは「ムーン・トゥ・マース」(月から火星へ)といういい方を多用するようになっており、早ければ2033年ともいわれる火星有人飛行へ向けた動きともつながってくるでしょう。

■日本も参加、中国・ロシアへの牽制の意味合いも

アルテミス計画は、深宇宙ゲートウェイとは異なり、当初はアメリカ1国の計画として進められましたが、途中から国際共同計画として進められるようになりました。この中には日本も含まれています。

日本政府は2019年10月にアルテミス計画への参加を表明、翌2020年7月に協定に署名しました。協力がどの分野に及ぶのかといった詳細については今後詰めていくこととなりますが、日本が得意とするロボティクス、ローバー技術での協力、また宇宙飛行士の月面活動などが考えられます。2020年10月にはJAXAが次の世代の宇宙飛行士募集を表明したこともあり(実際の募集は2021年秋ごろにスタートとみられる)、この世代の宇宙飛行士はまさに「アルテミス世代」として、将来的に月面探査で活躍する可能性があるともみられています。

一方、アルテミス計画そのものは政治的な意味合いも帯びています。特に近年になって科学技術の面で急速に力をつけてきている中国への対抗の意味合いが大きいともいわれています。
中国は2007年に初の月探査機「嫦娥1号」を打ち上げてから、これまでに5回にわたって月面着陸に成功、月探査における存在感を着実に高めています。ある意味アメリカや日本などよりも月探査に関しては経験を積んでいるともいえるでしょう。2022年には独自の宇宙ステーションを建設、2030年頃をめどにロシアと共同で月面基地を構築するともいわれています。
このような中国の技術覇権、宇宙における存在感増大に「待った」をかける意味合いが、アルテミス計画に込められているとも考えられます。

アルテミス計画は今後のアメリカの政権の考え方や技術的な進展など様々な要素に影響されるため、その目標年や形態などは今後も頻繁に変わると考えられます。また計画全体もまだ完全には固まっていません。最新の情報を入手し、動向を追いかけていくことが必要です。月探査情報ステーションでもアルテミス計画については随時情報をお知らせしていく予定です。


アルテミス計画 トップへ