moonstation

About 寺薗淳也

This author has not yet filled in any details.
So far 寺薗淳也 has created 1170 blog entries.

嫦娥5号、8月にも打ち上げ場所へ移動、11月末に打ち上げ予定

このところ月探査関係の話題が多いですが、中国の月探査機「嫦娥5号」についての話題も入ってきました。
中国はいまちょうど、政治協商会議という大きな政治的な会議の時期で、それに合わせた国家的プロジェクトの発表が多くなっています。当然その中には、月探査なども含まれるというわけです。
この会議の席で、今年(2017年)打ち上げ予定の月探査機「嫦娥5号」が、8月にも打ち上げ場所である海南省の文昌衛星発射場に移動することになったとの発表がありました。人民網日本語版が伝えています。
さらに、打ち上げは11月末になるとのことです。

嫦娥5号は、中国がはじめて月からのサンプルリターン(試料回収)を行う探査機です。すべての工程は無人で行われ、地球の打ち上げからサンプル回収までは約1ヶ月を見込んでいます。
今回政治協商会議で発表を行ったのは、中国の月探査の総指揮を執る葉培建氏です。彼は全国協商委員の肩書も持っており、その席での発表はまさにふさわしいものであったといえるでしょう。

今回の嫦娥5号は、これまで中国が打ち上げてきた3機の月探査機に比べるとはるかに複雑なミッションになることが予想されます。そのため、早めに打ち上げ場所に移動し、しっかりと最終試験を行ったうえでの打ち上げを目指すようです。なお、嫦娥5号自体はすでにほぼすべての大型試験(重要な試験という意味でしょうか)を完了しているそうです。
海南省にある文昌衛星発射場は、中国でいちばん南に位置するロケット打ち上げ場所です。一般に、ロケットの打ち上げは南であればあるほど有利であることはご存じの方も多いでしょう。日本でも種子島に打ち上げ場があるのはそのような理由です。文昌衛星発射場は海南島のいちばん東にあり、東方向への打ち上げも有利です。
中国で最も新しいこの衛星発射場は2007年に建設許可がおり、昨年(2016年)には中国最大のロケット、長征7号の打ち上げに成功しました。基本的にこの文昌衛星発射場は、大型ロケットの打ち上げをメインに行っていくようです。今回の嫦娥5号も、中国の大型ロケット、長征5号を使用します。

今回早期に打ち上げ場所に運びこむ理由として、葉氏は衛星の複雑さを挙げています。
嫦娥5号は、サンプルを回収するという任務のため、全体が4つの構造に分かれる非常に複雑な衛星になっています。とりわけ、アポロなどもそうでしたが、月面から帰る際には上昇モジュールが月面から打ち上げられますが、その際に月面にある着陸モジュールにはロケットからの火炎が当たることになります。また、月面から離陸した上昇モジュールは軌道上で待機している軌道モジュールとドッキングして地球へと向かいますが、なにしろ38万キロも離れたところでの無人でのドッキングですから、技術的にも非常に難しいチャレンジになります。
このようなことが予想されるため、慎重を期したということがいえるでしょう。

さて、11月末に打ち上げられるとなると、タイミングとしてはあの「グーグル・ルナーXプライズ」、さらにいえばそれに参加している日本の月面ローバー「ハクト」の打ち上げ時期とわずかながら重なる可能性もあります。別にそれに合わせて打ち上げ時期を設定しているわけではないと思いますが、今年の後半は月探査がさらに盛り上がることは間違いないでしょう。

2017年3月6日(月)|Categories: 嫦娥5号|

月探査情報ステーションが宇宙ミュージアム「TeNQ」と提携しました

このたび、月探査情報ステーションは、東京・文京区の東京ドームシティ内黄色いビル6階にある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)と提携することとなりました。

TeNQロゴ

TeNQは「宇宙を感動する」をコンセプトとして、映像美とサイエンスを融合させた独自の展示を行う宇宙ミュージアムとして、2014年7月にオープンしました。それ以来、多くの方が来訪され、たいへん高い評価を得ている施設です。
音楽と映像美を体験感できる「シアター宙」(ソラ)では、まるで宇宙ステーションにいるかのように、覗きこむ形での映像体験という斬新なコンセプトのもと、4Kを超える圧倒的な精細美を誇る映像をお楽しみいただけます。
シアター宙を出たところにあるサイエンスエリアは、東京大学総合研究博物館との共同プロジェクトになっており、実際にガラス張りになった分室が展示となっています。また、過去・現在・未来の宇宙や宇宙探査についての解説などもあるほか、触れたり写真を撮ったり体験できるいろいろな展示もあり、宇宙探査に詳しい方もそうでない方も皆さんが楽しめるエリアとなっています。
そのほかにも、遊びながら宇宙について知ることができる「イマジネーションエリア」、宇宙と関連した展示を行う企画展示室など、宇宙をまるごと楽しめるミュージアムとなっています。

今回の提携により、日本最大級の月・惑星探査サイトと、日本でも最先端の宇宙ミュージアムが強固なネットワークで結ばれることになります。ウェブというサイバー世界とミュージアムというリアル世界の融合につながるとともに、展示内容をより最先端のものとしていくことができるなど、数多くの相乗効果をもたらすことが期待されます。

また、月探査情報ステーションのネットワーク、とりわけツイッターやフェイスブックなどのソーシャルネットワークを通して、TeNQの最新情報を皆様にもお知らせいたします。興味深い企画展やイベントのお知らせなどを、月探査情報ステーションのネットワークでも皆様にお届けいたします。
月探査情報ステーションで月・惑星探査の最新情報に触れたあとは、ぜひ、TeNQを訪れてみて下さい。

2017年3月3日(金)|Categories: お知らせ|

スペースX、2018年に2名を乗せた有人月周回飛行を実施すると発表

ことによると月探査、いや、宇宙開発の未来をも変えることになるかも知れない、まさにエキサイティングな発表です。
宇宙開発のベンチャー企業、スペースX社(スペース・エックス)は、2月27日声明を発表し、2018年中に2名の乗員を乗せた月周回飛行を実施すると発表しました。実現すれば、民間企業としてははじめての月周回飛行(あるいは「月飛行」といっても差し支えないでしょう)となります。また、人間が月の近くまで飛行するのは、1972年のアポロ17号による有人飛行以来、実に46年ぶりとなります。

まずはスペースX社のCEO(最高経営責任者)、イーロン・マスク氏のツイートから。シャレてますね。「私を月へ連れてって…OK」

民間による有人月飛行はこれまでにも計画はありました。宇宙旅行サービスを提供するスペース・アドベンチャーズ社が、ロシアのソユーズ宇宙船を利用して、今回と同じ月を回って帰ってくる宇宙旅行を提供しています。2005年に提案されたこの計画はDSEアルファ(Deep Space Expedition – Alpha)計画と呼ばれ、1人あたりの料金は1億ドル(日本円にしておよそ110億円)という破格のものでした。
この計画は一時、日本のJTBも取り扱いを行ったことで話題になりました(なお、現在JTBは本計画の取り扱いはしていません)。また、この計画自体、その後の進展は不明です。

スペースX社のリリースによると、打ち上げは来年(2018年)遅くになる予定で、月に着陸するわけではなく、月を一周して戻る帰還旅行になるとのことです。月に着陸するとなると着陸船の開発や実証などに相当な時間と手間、費用がかかりますので、この方式は理にかなっているといえるでしょう。
乗員は2名で、リリースによるとすでに「多額の前払金」を支払っているということです。ただ、リリースでは氏名は明かされておらず、健康診断などにより飛行に支障がないという結果が出ることを踏まえて公表するとスペースX社では述べています。

この2名の乗員については今年後半から飛行に向けた訓練や健康診断などを実施するとのことです。また、今回のメンバーに加え、他のメンバーでも興味を持っている方がいるとのことです。

今回の飛行は、スペースX社が有人飛行用に開発しているドラゴン宇宙船バージョン2(「ドラゴン2」=ドラゴン・ツー)を使用します。この宇宙船は、NASAの民間有人飛行プログラム(CCP: Commercial Crew Program)に沿って開発されたもので、今年(2017年)後半には無人での最初のテスト飛行を実施する予定です。
スペースX社では、人を乗せたドラゴン2宇宙船の飛行を来年の第2四半期には実施したいとしています。基本的に、ドラゴン2宇宙船の任務は国際宇宙ステーションへの物資補給及び人員輸送となりますが、スペースX社は年間4回の打ち上げを想定しています。そして、来年の終わり頃には月へ向けて飛行ということで、かなりハイペースな開発計画となります。

この有人月周回飛行の打ち上げは、アメリカ・フロリダ州にあるケネディ宇宙センター、それもアポロ宇宙船を打ち上げた「39A」射場となる予定です。この射場は、2月19日(アメリカ東部時間)にスペースX社が同社のロケット「ファルコン9」を打ち上げた場所でもあり、ミッションよりもその歴史的な観点が注目されたといってもよいでしょう。
ここから月に向けて打ち上げられるドラゴン2宇宙船は、月の周りを周回して飛行する約1週間の飛行を実施することになっています。
打ち上げるロケットは、現在スペースX社が開発中の大型ロケット「ファルコン・ヘビー」です。このファルコン・ヘビーは、今年夏の打ち上げに向けて現在開発が進められており、推進力としてはアポロ計画で使われた史上最大級のロケット「サターンV」(サターン・ファイブ)の3分の2ほどの力を持っているということです。

なお、気になる「2人の旅行者」ですが、すでにいろいろな名前が取り沙汰されています。アメリカの宇宙開発ウォッチングサイトとして有名なNASA Watchは、そのツイッターで、映画監督のジェームズ・キャメロン氏やグーグル共同創業者のセルゲイ・ブリン氏などの名前をあげています。

ジェームズ・キャメロン監督は、小惑星資源採掘会社のプラネタリーリソーシズ社にも出資しています。セルゲイ・ブリン氏は、2008年にスペース・アドベンチャーズ社と契約し、国際宇宙ステーションまでの宇宙旅行を行うことを発表していますが、まだ実施されていません。
要は2人とも「ガチの宇宙好き」ということです。

今回の発表について、スペースX社はNASAに対し謝意を表しており、「商業有人プログラム(CCP)がなければ今回の開発はできなかった。ドラゴン2の開発資金は大半がCCPからの援助によるものである。今回の月への有人飛行はNASAも支援を約束しており、長期的には(政府が行う)有人飛行のコスト削減を通して、政府と民間両方に利益をもたらすものである。」と述べています。

NASAもこの発表に対して早速声明を出しております。以下のような内容です。

NASAは、開発パートナーがより高い目標を狙うことを賞賛しています。

NASAは、今回の月有人飛行が打ち上げ安全基準を満たすよう、スペースX社と緊密に協力を行っています。また、国際宇宙ステーションへの物資補給についても協力も継続しています。

数十年にわたり、NASAはアメリカの民間企業に対し、アメリカの人々の能力を高めること、そして商業的イノベーションの種をまくことにより、人類全体の宇宙における未来を推し進めていくことを続けてきました。

NASAは商業的パートナーシップを通して業務の進め方を変えようとしています。それは、アメリカの強い宇宙経済を立ち上げることに貢献するものであり、NASA自身が次世代のロケットや宇宙船の開発に注力できることで、人類が月、そしてそれを越えた深宇宙空間への進出を続けていけることを目指します。

さて、今回のスペースX社の野心的な発表は、単に「そういう時代がきた」というを意味するものでしょうか? ひょっとするとスペースX社、さらにはNASAも含めての深謀遠慮があるのではないかという気が私(編集長)はしています。

まず発表のタイミングです。このタイミングは、先日トランプ政権がNASAに対し、現在開発中のオライオン(オリオン)宇宙船で2018年中に有人飛行を行えないかどうか打診したというニュースが流れたタイミングと重なっています。また、飛行実施時期も2018年でピタリと一致しています。
NASAは政権側からの打診には否定的な回答をしたようですが、それはそうでしょう。開発されたばかりの宇宙船にぶっつけ本番で人間を乗せるというのはあまりに危険だからです。
その代わりというわけではないでしょうが、ドラゴン2宇宙船での月飛行という形で、NASAとしては「技術協力先が見事に実施した」ということができますし、スペースX社としても自社の宇宙船とロケットの性能を示すことができます。アメリカ政府としてももちろん、両者が属する国としてその偉業を誇示することができます。三者ともハッピー、というわけです。

また、スペースX社としては、開発資金を集めるという目的もあるでしょう。昨年、スペースX社は2回の打ち上げ失敗事故を起こしており、すでに受託されている打ち上げが遅れているほか、自ら設定した火星への無人機打ち上げを2年遅らせ、2020年にすると発表しています。
スペースX社は、上で述べたようにちょうどいまファルコン・ヘビー開発の正念場で、いちばん資金が欲しいところです。ここで大きな計画を打ち上げることで投資家を「振り向かせ」、より多くの資金を得るということも念頭にある可能性があります。

ただ、いずれにしてもファルコン・ヘビーもドラゴン2宇宙船もこれから開発されるものです。何かが起こればスケジュールが遅れることは当然予想されます。
さらに、月への輸送ということですから、宇宙船やロケットに求められる信頼性も格段に高くなります。現時点ではドラゴン2宇宙船がテストされてから1年強での打ち上げとなるわけですから、いくら回数を重ねたとしても、ちょっと無理があるような気がしないでもありません。

それでも、おそらく今回の乗員は、そのリスクも含めて承知したものと思います。こういった「フロンティア精神」がいかにもアメリカらしいところですが、これから先この月旅行計画がどのように進んでいくのか、そしてその計画が、イーロン・マスクCEOが思い描く「火星有人飛行」へどのようにつながっていくのか、私たちもワクワク(そして少し心配)しながら見守りたいと思います。

【おことわり】本記事では、スペースX社が実施する計画を「月飛行」と表現しています。月探査情報ステーションでは、現地に赴き、科学的・技術的な作業を実施するものを、有人・無人を問わず「探査」と呼び、単に現地に行って帰ってくるという計画については「飛行」「旅行」と表現します。

2017年3月1日(水)|Categories: 月探査 (ブログ)|

ニューホライズンズ探査機が一時緊急モードに移行、正常に戻るも修復作業が続く

冥王星探査を終え、次の探査目標であるカイパーベルト天体に向かっているニューホライズンズ探査機が、2月7日(アメリカ東部時間)に「セーフモード」に一時陥ったことが、探査チームの記事でわかりました。
セーフモード状態は約24時間続き、現在は回復しているとのことです。

冥王星上空を飛行するニューホライズンズ探査機

冥王星上空を飛行するニューホライズンズ探査機の想像図 (Photo: NASA/JHUAPL/SwRI)

セーフモードとは、探査機に重大な異常が発生した場合、探査機側で自動的に取る退避状態のことです。「セーフホールド」「セーフホールドモード」と呼ばれることもあります。通常の月・惑星探査機がこのモードに入った場合、基本的に探査機は最低限必要とされる機器以外の機器の電源を切り、アンテナを自動的に地球方向に向け、その状態に陥っていることを地球側に伝えます。
かつて、小惑星探査機「はやぶさ」が、自身の燃料漏れによってこのモードに入り、その後電源が途絶え、46日間行方不明になったことをご存じの方も多いでしょう。

今回のセーフモードの原因は、人為的なものでした。探査機に送られた指令(コマンド)が完全に送信できず、探査機が指令された通りの動作ができなかったためです。「はやぶさ」と同様、ニューホライズンズもアンテナを地球に向けた体制を取り、地球からの指令受信を待っている状態になっています。

現在ニューホライズンズは、次の目的地であるカイパーベルト天体2014 MU69へ向かって飛行中ですが、なにしろ人類が作った最速の惑星探査機ですから、2015年の冥王星最接近のときからさらに地球からの距離が長くなっています。現時点で、地球からの電波の往復には10時間半もの時間がかかるということで、復旧確認を難しくしている原因になっています。距離にすると57億キロも離れているそうです。
なお、ミッションチームでは、12日(現地時間)には平常運用に戻れる見通しだと述べています。

ジェット推進研究所(JPL)の研究者で、ニューホライズンズのミッション運用管理者であるアリス・ボーマン氏は、「ニューホライズンズが迅速に回復できているのは、他のミッションが自分たちの通信時間を削って、NASAの深宇宙通信網(DSN: Deep Space Network)の時間を提供してくれているからだ」と、他のミッションに感謝の意を表しています。
NASAは、遠い天体と通信するためのアンテナ網を持っており、これがDSNです。アメリカ・カリフォルニア州、スペイン・マドリード近郊、オーストラリア・キャンベラ近郊にそれぞれアンテナがあり、常に深宇宙の探査機と交信できる(つまり、どれかのアンテナが探査機を捉えている)状態を維持しています。
日本の月・惑星探査機(それこそ「はやぶさ」も)も、やはりこのDSNを使わせてもらっています。日本単独ではさすがにそこまでのアンテナ網は築けないからです。
それでも、緊急事態となれば、やはり窮地に陥っている探査機が優先ということで、他のミッションが本当は貴重な自分たちの通信時間を削り、ニューホライズンズに割り当てているというわけです。
「DSNを使うミッションではこれはよくあることだ。困難に直面したときは互いに支え合う、それが深宇宙ミッションだ。」(ボーマン氏)

2017年2月13日(月)|Categories: ニューホライズンズ|

月探査情報ステーションブログは10周年を迎えました

本日2017年2月9日、この月探査情報ステーションブログは誕生から10年という節目を迎えました。

月探査情報ステーションブログは、月・惑星探査に関する最新の情報をより早くお伝えしたいという考えのもとに作られました。
今でこそ月探査情報ステーションブログは、ブログをベースとしたサイトに変わっています。しかし、2007年当時、そして昨年3月までのサイトは、HTMLファイルがベースとなっていました。情報を掲載するためには、まずエディターなどを使ってファイルを開き、HTMLタグを駆使して記事を書き、それをサーバーへアップロードする(そして、デザインをチェックし、デザインが間違っていたらまたエディターで編集し直し、またアップロードする…の繰り返し)というやり方をとっていました。大変に時間と手間がかかる方式でした。それでも、月・惑星探査の最新情報はこのようにしてなんとか掲載していました。
それでも、2006年には数ヶ月にわたって更新が途絶えるなど、運営が危機に瀕する状況でした。これを打開するべく始めたのがこのブログでした。

最初の記事は、ごくごくシンプルな「ブログ始めました」という内容です。
それから10年、ブログの記事数は800を越え、下書きも含めると1000に迫ろうとしています。1年あたり大体80件、ほぼ4日に1本は記事を書いている計算になります。

月探査情報ステーションブログは、10年の歳月を経て、月探査情報ステーションの理念である、月惑星探査を「すばやく」「わかりやすく」「正しく」伝えるプラットホームとしてすっかり定着しました。メディア記事にあるような速報性ではなく、その記事を深く掘り下げ、関連情報を織り交ぜ、なおかつわかりやすく、まさに読み物としてお読みいただける記事を提供できるよう努めております。
とりわけ、探査機の目的地到着などのときには頻繁に更新を行い、さらに速報性を高める工夫をしております。例えば、2008年の火星探査機「フェニックス」の着陸や、2015年の「ニューホライズンズ」冥王星最接近などのときには、次々と変わる状況をお伝えし、一般的なメディアとは一味違った、専門性が高いが読みやすいメディアとしての速報をお伝えしてきました。
ブログ記事は、速報性にまさるツイッターや、多くの人に浸透しているフェイスブックなどとの連携も行っており、ソーシャルメディアとの相性のよさもあり、その面での浸透も図られています。

一方で、人手不足などの問題もあり、下書きのまま本記事として公開できていない記事が蓄積しており、その数が次第に増えているという問題もあります。とりわけ、いまの状態では編集長が多忙であると記事が増えないという形になっており、この意味で、月探査情報ステーションの理念を理解し、記事を書けるライターの養成(そして、そのライターに報酬を払えるような体制の構築)が強く求められています。この点は、昨年設置した合同会社の運営の中で今後進めていく予定です。
また、古いブログシステムで書かれていた記事は、度重なるシステム移行の際に写真などが移行できておらず、リンク切れなどの状態になってしまっているといった問題があります。これらも今後復旧させていく予定です。
さらに、昨年(2016年)3月のリニューアルによって、新サイトはもともとブログとして使っていたシステム「ワードプレス」を全面的に採用しました。このこともあって、ブログという枠組みではなく、サイト全体で情報更新をすばやく行えるようになっています。今後は「ブログ」という枠組みが各コンテンツに吸収されていくことも考えられます。

ブログというメディアは社会にすっかり浸透してきました。そして、ブログ後のメディアとして、ソーシャルネットワークが一般的になってきました。それでも、これだけの情報を蓄積してきている月探査情報ステーションブログの存在感は圧倒的であり、月・惑星探査の(少なくとも2007年からの)歴史を体現していることを、過去の記事を読み返しながら改めて編集長自身でも改めて感慨深く思っているところです。
これからも、月・惑星探査の歴史、つまり人類の月や惑星へのチャレンジは続きます。月探査情報ステーションブログは、ブログという形から変わっていくとしても、その人類の挑戦を余すところなく、わかりやすく、すばやく、わかりやすく伝えていけるようにしてまいります。皆様におかれましては、引き続きご支援をいただけますよう、お願い申し上げます。

月探査情報ステーション 編集長
寺薗 淳也

2017年2月9日(木)|Categories: 月探査情報ステーション|