木星の衛星エウロパには、地下に海が存在する可能性が高く、そこに生命がいる可能性が指摘されており、探査の候補地として人気が高まっています。アメリカは周回探査機「エウロパ・クリッパー」を、ヨーロッパは日本と共同の周回探査機「ジュース」を、それぞれ2020年代に送り込む計画ですが、NASAはすでにその先を考えているようです。
NASAはこのほど、科学者のコミュニティに対し、将来的にエウロパに着陸探査を行う際に搭載する科学機器のアイディアを募集すると発表しました。NASA自身が現時点でエウロパへ着陸探査を行う計画はありませんが、将来的にそのような計画が検討、あるいは決定された場合には、今回の検討が役立つことになるでしょう。

探査機ガリレオが撮影したエウロパの全景

探査機ガリレオが撮影したエウロパの全景 (Photo: NASA)

今回の提案募集は、NASAが行う科学探査についての検討やデータの収集などを行っている月惑星研究所(LPI: Lunar and Planetary Institute)が募集する形になっています。詳細はこのページをご覧いただくとして(かなりびっちり書かれていますが)、2段階の選抜を経て聞きを募集することになるようです。
LPIでは第1段階で10程度の科学機器提案を採択し、12ヶ月(1年)の間に総額150万ドル(日本円で約1億6600万円)をかけて、それらの機器についての実現可能性などを検討します。最終的にそれらの中から実際のミッション(あればですが)へつながる機器を検討する予定です。

なお、機器については以下のような科学的な目的を満たすもの、という条件がついています。

  • エウロパにおける生命の探索
  • 着陸機を利用した「その場観測」による、エウロパにおける生命存在の可能性の調査
  • 着陸機で実現可能なスケールでの、エウロパの表面及び地下に関する調査

NASAがエウロパへの着陸機にまるで興味がない、というわけではなく、実は2016年には議会からの要請という形で、エウロパへの着陸ミッションについての検討を行っています。21人のメンバーがこの検討を実施し、報告書を今年2月7日に提出しています。
また、先日(3月)に開催された月・惑星科学会議(LPSC: Lunar and Planetary Science Conference)では、恒例の「NASAミーティング」(NASAの月・惑星探査の上層部が直接科学者と対話するミーティング)において、エウロパ着陸機の科学検討チームの検討内容について説明しています。同じ説明を、宇宙生物科学会議(Astrobiology Science Coference: AbSciCon)でも行っています。
LPSCは編集長もよく出向くので、NASAミーティングに出席できていればその内容を確認できたのですが…。

いずれにしても、今回の検討内容は、こういったこれまでの検討内容を基盤とし、より発展させたものとなるようです。そして、現在2020年代(の前半)に打ち上げが検討されている「エウロパ・クリッパー」のあとに打ち上げることを狙っているようです。

NASAの科学ミッション部門の副部門長のトーマス・ザーブチェン氏は、エウロパ着陸探査の重要性について述べた上で、科学コミュニティに対し「今回の検討提案(AO: Announcement of Opportunity)に対して反応を示してほしい。NASAとしてはこの検討の背後には非常にたくさんの検討課題があることを認識しているからだ。」と述べています。確かにエウロパへの着陸ははじめてのことになりますから、提案は非常に重要ですし、検討に値するものになるでしょう。

今回の提案は、純粋にエウロパ・クリッパー後の探査に向けた検討と捉えることもできますが、ひょっとしたらそれ以上のものがあるかもしれません。トランプ政権がNASAに対し、火星以遠の有人探査を将来課題とし、NASAがそれに取り組む組織になるような構想を持っているということも以前触れました。
ひょっとすると今回の動きも、そういった政権側の意向を捉えた「リップサービス」なのかもしれません。勘ぐり過ぎといえばそうかもしれませんが…。