designium

About designium

This author has not yet filled in any details.
So far designium has created 86 blog entries.

火星の環境

Vikingの画像
バイキング探査機からの画像(NASA)



火星 地球
軌道長半径 (108キロメートル) 2.279 (1.52天文単位 (AU)) 1.496 (1.00AU)
軌道離心率 0.0934 0.0167
公転周期 (日) 686.98 365.25
自転周期 (時間) 24.62 23.93
質量 (1024kg) 0.6419 5.9736
赤道半径 (キロメートル) 3394 6378
重力加速度 (m/s2) 3.69 9.78

火星は、太陽から4番目の惑星です。火星は、土壌に含まれる酸化鉄のため赤く見えます。

火星内部は、半径約1700キロメートルの密度の高い中心核、岩石質のマントル、及び薄い地殻と推定されています。全球的な磁場がないことから、火星の中心核はおそらく固体と推定されています。


火星の地形は興味深い

火星表面の南半球は古く(クレータが多い)、高地がほとんどです。北半球の大部分は若く(クレータが比較的少ない)、南半球より数キロメートル低くなっています。この区分の理由は解っていません。
また、火星の表面には、地球に見られない大規模な興味深い地形があります。Mars

 オリンポス山
高さ26キロメートルの太陽系最大の火山です。その底部は直径500キロメートル以上あり、高さ6キロメートルの崖で縁どられています。
 マリネリス峡谷
長さ4000キロメートル、幅100~200キロメートル、深さ2~7キロメートルの巨大な峡谷です。地殻が地球のプレート運動のような大きな力により引き裂かれてできたと推定されています。

火星上の多くの場所に、侵食作用の痕跡が存在します。過去のある時期には、液体の水が地表面に存在していました。侵食された河床地形の年齢は約40億年と推定されています。


火星の気候は人間にとって非常に厳しい

火星大気成分
二酸化炭素 95.32% 210ppm
窒素 2.7% 一酸化窒素 100ppm
アルゴン 1.6% ネオン 2.5ppm
酸素 0.13% クリプトン 0.3ppm
一酸化炭素 0.08% キセノン 0.08ppm
バイキングの測定結果

火星は非常に薄い大気を持ち、二酸化炭素が大気の大部分であり、その他に窒素、アルゴン、酸素、一酸化炭素等からなります。火星地表面での気圧は、わずか7~9ヘクトパスカルしかありません。しかし、風が吹き、時には砂嵐が発生することもあります。最近のハッブル宇宙望遠鏡の観測結果から、火星の環境が非常に厳しいものであることが確認されています。


 

火星の北極冠の季節変動(NASAハッブル宇宙望遠鏡画像)
火星の北極冠の季節変動
(NASAハッブル宇宙望遠鏡画像)
火星には、固体の二酸化炭素からなる極冠が両極にあります。北半球の夏には、二酸化炭素は完全に昇華し、氷になった水の層が残されます。南半球の二酸化炭素の層は完全には消失しないので、南極冠の下に同じような氷の層があるかどうかは解りません。低緯度の地下にも、氷が存在するかも知れません。火星に生命が存在するとすれば、水の存在する場所であろうと考えられています。

火星の画像のページ(NASA)


2015年7月8日(水)|Categories: 火星・赤い星へ|

民間企業などによる月探査

月探査というとどうしても国家主導というイメージがありますが、実は民間企業やグループが行おうとしている月探査計画というのがあります。これらの動きは特にアメリカで盛んです。
ここではこういった動きについてご紹介します。

現在計画されている民間月探査計画

かつて計画されていた民間月探査計画

ミッチェル・ロンドン氏インタビュー
民間での月探査計画を進めているアストロボティック・テクノロジー社のCEO(最高経営責任者)、ミッチェル・ロンドン氏へのインタビューです。


  • 会社名、商品名などは一般に該当する各企業の登録商標などです。
  • 本ページ等で紹介する内容については、月探査に関する情報提供の意味で書かれたものです。
  • 本ページ等の内容についてのより詳細なお問い合わせは各企業、団体宛にお願いいたします。

2015年7月8日(水)|Categories: 月探査|

学生による月探査

国家機関や民間企業などによる月探査の動きが加速する中、学生たちが自分たちの手で衛星を作り、月に向けて打ち上げるという動きもあります。これらの動きは、宇宙機関に支援されたもので、教育がもっとも大きな目的となっています。

・ヨーロッパ
ヨーロッパでは、ヨーロッパ宇宙機関(ESA)の教育部門が支援して、学生が作った月探査衛星を打ち上げるプロジェクトが進んでいます。
ESAの教育部門が設立したSSETI(Student Space Education and Technology Initiative)では、学生たちに小型衛星を作らせて、宇宙技術に関する教育を進めています。ここでは現在、ESMO (European Student Moon Orbiter)という、小型の月周回衛星を作り、2011年をめどに打ち上げようという計画が進められています。ESMOプロジェクトは2006年に始まりました。
SSETIには200名ほどの学生が所属しており、インターネットなどを通じた情報交換を行いながら、衛星の設計や製作を進めています。

・アメリカ
同じように、アメリカ航空宇宙局(NASA)でも、教育プログラムの一環として学生による月探査衛星の計画が進んでいます。こちらはASMO (American Student Moon Orbiter)と名付けられています。

・日本
日本では、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公式に支援している学生月探査衛星計画はまだありません。しかし、宇宙工学を専攻する大学間のネットワークであるUNISEC (大学宇宙工学コンソーシアム)の学生組織であるUNISON (UNISEC Student Organization)で、検討が始められました。
このプロジェクトでは、重さが100キログラムを上限とし、月の極軌道を周回する衛星を設計することを目標としています。


2015年7月8日(水)|Categories: 月探査|

その他の国による月探査

ここでは、特別にページを設けた国(アメリカ、インドなど)以外での月探査の動きについてご紹介します。

・イギリス
イギリスでは、「ムーンライト」(moonLITE)と呼ばれる月探査計画が進められています。
この計画では、ペネトレータなどを利用して、月の内部構造を探ることを目的としています。
現在、検討が進められています。

・ドイツ
ドイツでは、LEOと呼ばれる月周回衛星の構想があります。この衛星は、月を周回しながら、重力の観測などを行うことを目指しています。同じく、2012年頃の打ち上げを目指して検討が進められています。

・韓国
韓国では現在、国産のロケットの開発、及び打ち上げ基地の建設が進められています。将来的にこの国産ロケットを使って、月探査衛星を打ち上げるという構想があります。
2008年8月22日の韓国・中央日報の記事では、この国産ロケットを利用して、2020年までに月探査衛星を打ち上げ、2025年までに月着陸機を打ち上げるという構想が紹介されています。


2015年7月8日(水)|Categories: 月探査|

コンステレーション計画 (Constellation Program) (アメリカの有人月探査計画)

月面に着陸する宇宙飛行士(想像図)
月面へ着陸した着陸船と、月面に降り立つ宇宙飛行士の想像図
(Artist’s concept by John Frassanito and Associates,)

2004年1月に発表されたアメリカの新宇宙政策の中で、アメリカは再び有人月探査を行うと宣言しました。この計画に基づき立案されたのが「コンステレーション計画」です。この計画は、有人月探査を含め、地球周辺軌道から遠くは火星まで、人間を運ぶことを目的とした壮大な計画でした。しかし、アメリカの宇宙予算削減の影響で、2010年に中止されました。この計画で開発されたコンポーネントは、現在でも開発が続けられています。


2015年7月8日(水)|Categories: 月探査|