チャンドラヤーン2周回機と着陸機

打ち上げ射場(サティシュ・ダワン宇宙センター)でロケットへの搭載作業が進められるチャンドラヤーン2探査機。左側、ロケットフェアリング手前で吊り下げられているのが着陸機「ビクラム」。手前(右側)にあるのが周回機。(© ISRO)

インドが進める月探査計画が「チャンドラヤーン」(Chandrayaan)です。
チャンドラヤーンという名称は、インドの言葉であるサンスクリット語で、「チャンドラ」が「月」、「ヤーン」が「乗り物」を意味し、月への乗り物という意味となっています。
2009年には1号機となるチャンドラヤーン1が打ち上げられました。当初計画の2年に対して9ヶ月しか運用できなかったものの、月表面に水を発見するなどの功績を残しています。
2号機となるチャンドラヤーン2は2019年7月に打ち上げられる予定です。その後9月に月に到達し、月着陸を目指します。着陸に成功すれば、インドは旧ソ連、アメリカ、中国に続き、月に軟着陸できた4つ目の国となります。

チャンドラヤーン1
※旧サイトにリンクします
チャンドラヤーン2

月探査機 トップへ