冥王星上空を飛行するニューホライズンズ探査機

冥王星上空を飛行するニューホライズンズ探査機の想像図 (Photo: NASA/JHUAPL/SwRI)

人類がいまだ探査の手を及ぼしていない冥王星、そして、その先に広がるカイパーベルト天体を探査する計画です。2006年1月19日に打ち上げられ、10年近い飛行の後、2015年7月14日に冥王星へ最接近(フライバイ)を行い、大量のデータを取得しました。さらに、2019年にはカイパーベルト天体である2014 MU69に最接近(フライバイ)するという、壮大な計画です。