全文検索 総合案内 サイトマップ
> 月・惑星へ > 世界の惑星探査 > カッシーニ/ホイヘンス > 探査機の諸元
月・惑星へ


カッシーニ/ホイヘンス 探査機の諸元

探査機全体

探査機名称 カッシーニ/ホイヘンス
Cassini-Huygens
打ち上げ国 アメリカ (アメリカ航空宇宙局: NASA)
ヨーロッパ (ヨーロッパ宇宙機関: ESA)
イタリア (イタリア宇宙機関: ASI)
打ち上げ日 1997年10月15日
打ち上げロケット タイタンIV-B/セントール
(Titan IVB / Centaur)
スイングバイ
及び
接近距離
金星 1998年4月26日 (234キロメートル)
金星 1999年6月24日 (600キロメートル)
地球 1999年8月18日 (1171キロメートル)
木星 2000年12月30日 (約1000万キロメートル)
土星到着 2004年7月1日
探査形態 周回(カッシーニ)
大気突入、着陸(ホイヘンス)

周回機「カッシーニ」

大きさ 高さ 6.7メートル
幅 4メートル
重量 2125キログラム (燃料含まず)
打ち上げ時 5712キログラム
探査機単体の重量 4685キログラム
搭載装置 複合赤外線スペクトロメータ
撮像システム
紫外線撮像スペクトロメータ
可視光・赤外マッピングスペクトロメータ
撮像レーダ
電波科学
プラズマスペクトロメータ
宇宙塵分析器
イオン・中性ガス質量分析計
磁力計
磁力撮像装置
電波・プラズマ波科学測定装置
観測期間 約4年
主要目的 土星本体の観測
土星の輪の観測
土星の衛星の観測
軌道 土星周回楕円軌道

突入機(プローブ)「ホイヘンス」

大きさ 直径2.7メートル
重量 320キログラム
搭載装置 エアロゾル収集装置
カメラ
スペクトル放射計
ドップラー風速計測実験
ガスクロマトグラフ
質量分析装置
大気構造観測装置
地表観測パッケージ
主要目的 タイタンの地表及び大気の観測
切り離し 2004年12月24日
タイタン突入・着陸 2005年1月14日



▲このページのトップへ