2010年6月に帰還した「はやぶさ」のカプセルは、その翌月に開催された宇宙科学研究所の公開(JAXA相模原キャンパス特別公開)でまずはじめてお披露目され、そのあと全国を巡回して展示されてきました。このほど、3月末に開催された愛知県刈谷市での展示を最後に、このカプセル展示が終了することになりました。
今回のカプセル展示は、全国69会場で開催され、合計で約89万人がカプセルを見学しました。最後の刈谷市での展示では、ちょうど「882300人目」(=「はやぶさ」人目)の見学者もいるなど、切りのよい数字での終了となりました。
ちなみに、この約89万人という数字ですが、「はやぶさ」打ち上げの際に展開された、名前を搭載する「星の王子様キャンペーン」において、探査機(正確には、探査機のターゲットマーカー)に名前を刻んだ数、88万人ともほぼ符合します。もちろん、偶然ではあるのですが、末広がりの「8」という数字と共に、何かの縁を感じるものです。
・JAXA「はやぶさ」ページ (JAXAメインサイト)
  http://www.jaxa.jp/projects/sat/muses_c/
・はやぶさ (月探査情報ステーション)
  http://moonstation.jp/ja/hayabusa/