designium

About designium

This author has not yet filled in any details.
So far designium has created 86 blog entries.

ルナー・リコネサンス・オービター / エルクロス (LRO: Lunar Reconnaissance Orbiter) (LCROSS: Lunar Crater Observation and Sensing Satellite)

ルナー・リコネサンス・オービター
月上空を周回するルナー・リコネサンス・オービターの想像図
(Photo by NASA)

アメリカが2004年1月に発表した新宇宙政策に基づき、月探査を行う最初の探査機がルナー・リコネサンス・オービターとエルクロスです。
周回機「ルナー・リコネサンス・オービター」(LRO)と、月面に衝突する「エルクロス」(LCROSS)という2つの探査機からなります。LROは月の周囲を回りながら、月に関する様々なデータを得ることが計画されています。エルクロスは、月に衝突し、月の表面に水(氷)があるかどうかを確かめます。
2009年6月18日(日本時間では6月19日朝)に打ち上げられました。


■関連リンク


2015年7月8日(水)|Categories: 月探査|

ラディー (LADEE)

ラディーは、日本時間9月7日午後0時27分、アメリカ・バージニア州の中部大西洋地域宇宙港から打ち上げられました。打ち上げは無事成功しました。


月上空を飛行するラディーの想像図
(クリックするとより大きな画像が表示されます)

「月大気・ダスト環境探査機」の英文略称として名付けられたラディーは、その名の通り、月にごくわずかに存在する大気や、その大気中に運ばれるダストなどを観測することで、月周辺の環境を調べるための探査機です。
2013年9月6日(日本時間では9月7日)に打ち上げられ、打ち上げは成功しました。10月6日に月に到達、探査を開始する予定です。



2015年7月8日(水)|Categories: 月探査|

グレイル (GRAIL)

グレイルの探査イメージ
グレイルの月探査イメージ
(Photo: NASA/JPL-Caltech)
クリックすると大きな画像が表示されます。

低コストでの探査計画を目指すNASAのディスカバリー計画に基づき計画された月探査計画が、グレイルです。
月の重力を探ることを目的としており、2機の探査機からなる「双子探査機」という珍しい構成になっています。それぞれの探査機には「エブ」「フロー」という愛称がつけられています。
2011年9月10日に打ち上げられ、2機の探査機は2011年12月31日と2012年1月1日に月周回軌道に投入されました。3月からは高度55キロの軌道で科学観測を実施、その成果をもとに詳細な月面の重力場の地図が完成しました。
2012年12月18日、月の北極地域に制御衝突し、探査は終了しました。



2015年7月8日(水)|Categories: 月探査|

チャンドラヤーン1 (Chandrayaan-1)

組み立て作業中のチャンドラヤーン探査機
組み立て作業中のチャンドラヤーン探査機 (Photo: ISRO/ISAC)

サンスクリット語で「月の乗り物」を意味する「チャンドラヤーン」は、インドではじめての月探査計画です。500キログラム強の比較的小さい探査機ではありますが、11種類の科学機器を搭載し、2年間にわたって月の謎を探ります。
2008年10月22日に打ち上げられ、月を周回しながら観測を実行していましたが、2009年8月29日に突然通信が途絶し、インド宇宙機関(ISRO)は探査終了を宣言しました。


■関連リンク (英語)


2015年7月8日(水)|Categories: 月探査|

嫦娥計画

(Chang’e: じょうが: チャンア)

中国の月にちなむ伝説の仙女の名前から取られた「嫦娥計画」(じょうが: 中国語読みでは「チャンア」)は、中国が国家的プロジェクトとして進めている月探査計画です。
全体計画は周回機、着陸機、サンプルリターンという3種類の探査機を段階的に月に送りこむことからなり、その最初となる周回機「嫦娥1号」は、2007年10月24日、四川省の西昌宇宙センターから打ち上げられました。11月に月周回軌道へ到着し、その後約16ヶ月にわたり探査を続けてきましたが、燃料が尽きたことなどから探査を終了することとなり、2009年3月1日、月の表側に制御落下させられ、探査は終了しました。
2010年には、嫦娥1号の性能をさらに向上させた、嫦娥2号が打ち上げられました。予定通り6ヶ月の観測を無事終了、その後地球と太陽のラグランジュ点へと移動し、現時点(2011年9月)では、このラグランジュ点での観測を続けています。

嫦娥1号
嫦娥2号

※中国語のページをご覧になる際には、中国語フォントのインストールが必要になる場合があります。


2015年7月8日(水)|Categories: 月探査|