速報 火星探査機エクソマーズは、日本時間10月19日、周回機の火星周回軌道への投入に成功しました。一方、着陸実証機「スキアパレッリ」は、着陸直前に通信途絶となりました。NASAの火星探査機マーズ・リコネサンス・オービターが撮影した写真から、着陸機は高速で地面に激突した可能性が高いとみられています。(2016年10月22日午後2時更新)

微量ガス探査集会機と着陸実証機「スキアパレッリ」

火星上空で分離され、火星周回軌道突入と火星着陸を待つ微量ガス探査周回機と着陸実証機「スキアパレッリ」 (© ESA/ATG Medialab)

火星の生命の謎、そして地表や大気の様子を探るために打ち上げられるのが、エクソマーズです。エクソマーズは、ヨーロッパ宇宙機関(ESA)とロシアが共同で開発しました。
打ち上げは2回に分かれており、2016年3月14日には周回機と着陸実証機(愛称「スキアパレッリ」)が打ち上げられ、10月19日に火星に到着しました。周回機は火星周回軌道への投入に成功しましたが、スキアパレッリは着陸直前に行方不明となり、火星に激突したとみられています。
次の段階として2018年にはローバーが打ち上げられる予定でしたが、2020年に延期となりました。