全文検索 総合案内 サイトマップ
> 月を知ろう > 月の雑学 > 第3話 人類は月に行っていない!? > アメリカ人の20パーセントは、月着陸について疑いを持っている?
月を知ろう

月の雑学
第3話 人類は月に行っていない!?
疑惑
20パーセントのアメリカ人が、人類が月に行ったことについて疑いを持っている。
真実
この数字にちょっとした誤解があるみたいですね。1999年のギャラップ社による世論調査では、この数字はどちらかというと6パーセントということになります。こちらの数字は、1995年のTime/CNNによる世論調査の値とも一致します。さらにこのギャラップ社の調査結果のウェブサイトには次のように書かれています。
しかし、この数字を文字通りに受け取ったとしても、6パーセントというのは数百万人くらいにあたるものである。どのような世論調査でも、このくらいの人々は、どんな質問に対しても「正しい」と答えることは珍しくない。従って、この結果を最も正しく解釈するとすれば、この、とくによく言われるような陰謀疑惑については、それほど世の中に広まっているわけではないということだ。
また、この結果は、「疑わしい」ということをどういう意味に解釈するかによっても分かれてきます。本当に人類が行っていないと信じているという意味なのか、あるいはただ単に、NASAがそういう嘘の発表をすることが可能という意味なのか? 両者は全然違います。
 「月の雑学 第3話」は、一部ページを除き、Phil Plait氏によるサイト"Bad Astronomy"内にある、"Fox TV and the Apollo Moon Hoax"の内容をもとにしています。 「月の雑学 第3話」を作るにあたり、翻訳及び内容の使用を快諾していただいたPhil Plait氏、及びサイトの内容をご紹介いただいた、MITの石橋和紀さんに感謝いたします。
 なお、「月の雑学 第3話」の内容につきましては、Phil Plait氏は責任を持ちません。記述内容についてはあくまで、月探査情報ステーション主催者が責任を負うものとします。

  次へ >>

▲このページのトップへ